東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

笑顔に

寒くなりました。

〇さまからのお電話。
「〇です~~。ご無沙汰しております。腰を・・・やっちゃったみたいです。今日みてもらえる時間、ありますか?」
お住まいが遠路なので、移動は大丈夫かしらと思いながら到着をお待ちして。
「来られました~~。そろそろ伺いたいと思っていたのですが、なかなか叶わず。そうこうしている間に、この始末です。」
歩行、出来ますね。良かったデス。
ちょうど一年ぶりのご来院。
「朝起きた時にはどうにも動けない状態でしたので、タクシーかなあと思っていましたが。しばらく身体を温めてからゆるりゆるりさせていたら、動ける!って思って。電車で来ました。」
実は最近、〇さまどうされているのかしらと思っていたのです。ワタシ、呼んじゃいましたね。
拝見させていただくと、腰だけでなく身体のあちらこちらの悲鳴が聞こえてくるようです。
「自分でもこのところの多忙ぶりはヤバいなあと思っていました。限界はとうに超えていたのでしょう・・。もっと早く何とかしなきゃいけませんでした。」
終えられて、姿勢や顔色は勿論、ご表情が晴れやかです。
滞りが解決すると部分部分がどうのこうのでなく、お楽になるのでしょう。
ご表情がとにかく変化します。
〇さま、遠路ありがとうございました。
限界になる前に、思い出してくださいね。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA