東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

つめた

時折激しく降る雨。
用事で駅まで歩いたら、ずぶ濡れ。
今になって梅雨っぽいお天気。
庭の水やりをしなくていいのだけが、ありがたい。

同時期に同じ症状でご来院の方が続くことは、よくある。
最近は「肩が痛い」と仰る方が続いた。
肩と仰っても拝見すると肩関節ではなく。
頸椎からくると思われる、上腕部や肩甲骨付近の痛みがほとんどだった。
その中のおひとりの〇さま、
「ずっと痛かった腰はもう完璧。しかし肩が痛くってたまりません。」
挙がらないと仰るのだけど、特定の可動域で
「力が入らずフニャっとしてイタタ・・・ってなります」
傷めた記憶はないとのこと。
手を進めながら頸部の異様な冷感に驚く。
暑い日だったので、(もしや、頸を保冷剤などで冷やしませんでしたか?)
「・・・・。」
太極的な施術と原因箇所と思われる部位への施術。
終了時には先ほどまでの冷感極まる〇さまの頸部がほわっとなり。
最後に肩の動作確認。
「ぁ・・・挙がる・・・。」
頸への保冷材は、後生ですからおやめください・・・。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA