東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ワンのはなし

時々陽が差します。梅雨時期の、貴重な日差し。

ウチにはワンが居る。
先々週から肉球を舐める行為。それ以外は全くいつも通りだったので様子を見ていた。
数日後、脚の着き方に異変あり。獣医さんに連れて行くが原因不明。とりあえず出された痛み止め飲み薬。一緒に胃薬も出してもらった5日分。
3,4日経ち、歩き方も戻ったようでホッとしていた。
が、ちょうど5日目。吐きまくる。過去みたことが無い程の吐きっぷり。
胃液で、苦しいだろうなあ。ワン、もうフラフラ・・・。
家中で心配し、皆の気持ち真っ暗。
再び行った獣医さんで「センシティブな子だから胃にきちゃったみたいですね」と。
吐き気止めをいただき、ワン復活。やれやれ。
復活してくれたのでやっと我々の心も晴れた。
無茶苦茶心配していた夜、不思議~~な夢をみた。
授乳をしている自分。腕に抱いているのはワンだった・・・。
”ワタシが授乳したからゲンキになったのよ!”
・・・愛犬を撫でながら思っている。恩着せがましく。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA