東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

スキキライ

どんよりな空です。
唐突ですが、自分は食べ物の好き嫌いが多い方だと思います。
蟹、メロン、貝、生のイカ、うに、牡蠣・・・あげだしたら際限がなくなりそうですので、この辺で。
20代30代の頃、高価な寿司ネタは全滅状態でした。
平成の初め頃でしたか、お寿司屋さんのカウンターでいただくこともいくらかございました。しかし私なんぞは「ギョクとアナゴ~~。あとはイクラ。」これくらいで大満足でした。これじゃあ連れて行ってくれた人間もニンマリだったことだろうと、今になって思ってみたり。
最近何かで読みました
”食べ物の好き嫌いが多い者は、人間の好き嫌いも激しい。”
なので、極力好き嫌いを言の葉として出すのは慎もうと自らに言い聞かせておりました。そんなことを思いながら、ふと考えてみましたら・・・。
貝でも食べられるものが増えていない?ワタシ。牡蠣もフライにしたら結構イケるし。うんうん。それなりの年齢になってきたから食べ物だけでなくて、きっと人サマとの接し方にも許容応力がついてきたってことなのかしらん???
これまでは自分からNGを出してきた食材にも、やや積極さを持って臨んでみたら別の世界が拓けるかも。
それが食から人へと繋がれば、なお素晴らしいなあと。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA