東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

よわいもの

今朝は冷え込みましたが、日中は穏やかな天気でした。
と思っていましたら先程グラッと。
いざという時の備えに考えが及ぶのは、やはりこうして揺れたとき。

2月はずいぶんが強い日が多かったように思います。
知人と風が何より怖いという話をしておりましたら
「そういうの、全く動じない方だと思ったけど。」
(見かけによらず、弱いものが多いんです私。例えば。カラスに鳩に鶏。チキン食すのは平気ですが。)
「意外だなあ。怖いもの知らずだと思った。」
(昔子供の頃。親戚の家で大人たちが窓に当たって落ちた雀を・・・!)
「ああ、スズメよくとって食べたよ!ざるで仕掛け作って!」
(ひぇ。。。)
会話していた方、東京生まれの東京育ち。私とほぼほぼ同年代ですのに・・・。田舎じゃなくてもそんな光景があったとは!
しばらくドキドキが止みませんでした。

 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

意を決して

やっと日が差してきたようですが、暖かくはないようです。

先日。初めてご来院くださった〇さま、60代女性。
主訴は、”2日前から腰が痛い”・・・・。
鍼灸院にいらしたこと自体が、初めてだそうです。
「今日は休みのところが多かったですし、大丈夫そうなところをネットで一生懸命探してきました。」
本当にお困りだったようです。
こちらが身体にどのような変化を狙ってどんなことをさせていただこうとしているのか、説明をさせていただいて。
不安気なご表情でお聞きくださっていた〇さまが仰ったのは、
「痛いですか?」。
(”全く痛くないですよ”と言えば嘘になります。ですがさせていただくことにはそれだけの意義があると思っております。お痛みの箇所が楽になるには、させていただきたい刺激です。)
「では・・・お願いします。」
終えられて。
「先程はこうして背を伸ばすのもつらかったですが、痛くないです。」
やっとご表情が変わりました。
2日前から出た腰痛とのことでしたが、その割には歴史あるご状態の腰でした。
意を決してご来院くださった甲斐が、あったことを願います。

 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

あっちでもこっちでも

外。暗くなりました。

年代の近い方が多くおみえになっておりますが、なんだか最近皆さん同じようなことをおっしゃいます。
「なんだかねえ、このまま定年を迎えるのってどうなのかなあと・・・。」
「一度きりの人生だから、そろそろ好きなことをしたいなあ。」
「なにをするにも、”めんどくさい”がまず口を出るようになってしまった・・。」
皆さんお年頃。
人生の夕暮れ時を迎えるにあたって、あっちでもこっちでもあがいているようです。此処にもヒトリ。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

フリーズ

今朝は冷え込み雪もちらついておりました。
所用で早朝に車を出したのですが、トラブル発生。
ナビがフリーズしました。こんなこと初めてですし、方向音痴なワタシはナビに導いてもらわないとどこにも行けません。
もちろん再起動すべくエンジンをかけたり切ったりしてみましたが、ナビ君のご機嫌は全く変化なし。
時間が無かったので仕方なくスタートし。
どうしたものかと頭は真っ白、手には変な汗をかきます。
246をしばらく走り赤になった信号でもう一度エンジンを切りました。
再起動!お願い動いて!
とりあえず、なんとか行きたい場所に連れて行ってくれました。
でも、帰路。再び何やら指示が怪しい。ナビ君っ!ダメちゃんと家まで連れて帰ってっ!お願い!悲鳴です、ほぼ。。
早朝だったのも幸いして、何とか無事に帰宅できました・・・・・。ほっ。。
246をあんなに絶望の気持ちで走ったコトは、過去にないかもしれません。
いろいろググってみた中に、寒さでフリーズってありました。
本当に寒さだけのことならいいのですが・・・・。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

トントン

同年代女性〇さまご来院。
「最近ね、眠れないのよ。」
(あらどうしました?)
どこかがつらくて睡眠が妨げられているのか、
生活のリズムを狂わすものができたのか、
いろいろお聞きしていましたら。
「寒いでしょ今、冬だから。犬がね、枕元に来てトントンって肩をたたくの。布団に入れてくれって。」
(はい・・・?)
「で、入れてあげるでしょ。ちょっとすると今度は暑がって出ていく。またちょっとすると、トントンって。一晩に何度繰り返すか・・・。」
寝不足の原因は明白なようで。
(なんてお優しい。でもワンちゃん毛皮着てますから、布団は不要かと。)
犬種にもよるのでしょうが、家のワンは絶対無理です。
〇さま宅のワンちゃんは大事にされているようですが、ご主人様の睡眠が心配ですね。
我が家の柴の毛は、年がら年中モワモワcrying
布団に入れるなんて、無理です・・・。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

忘れられなくて

外はどんより。

ご予約の電話をいただき
(初めてでいらっしゃいますか?)
「いいえ。少し間が空いてしまいましたが、数回目です。」
お名前を頂戴して。治療記録を準備しお待ちしておりました。
初診が2013年。この度が3度目のご来院になりました。
数年空いておりますので、すぐに記憶がよみがえりませんが。拝見させていただきながら初回、その次の回とこちらの記憶も点が線になっていきます。
(この状態ですと、おつらいですよね。)
「はい。このところずっと不調で・・・。鍼行きたいって思う日に電話するも、そういう時ってみんなが不調な時のようで。”今日はいっぱいです”って言われるタイミングで、電話していました。不調な時って重なるんですね、他の人と。」
何度かお電話くださっていたようです。鍼をなさる気満々の時でしたのに、お受けできず申し訳ありませんでした。
以前鍼をしてもらった後の、”楽になった感覚”が忘れられなくて。今行ったらこのツライのが和らぐかも・・・って。」
おつらい時に思い出していただけて、嬉しいなと思います。
”特に病気は隠れていないようですね。”病院を受診して、こんなふうに言われ。だけど不調
そんな時こそ、鍼灸の出番!お力になれると思います。

 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

贅沢してます

昨日は久しぶりに雨が降り、上がった夜の空気は非常に心地良かったです。
心地良さに酔うもつかの間、再び強くなった風にせかされるように早々に退散したウオーキングとなりました。
そして本日も気温が下がって、冷たい風がミモザを揺らしています。

ウチの贅沢品。


良い艾を仕入れる為に、頑張ってます。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

シアワセ

今日も突風。
弦巻鍼灸院自慢の看板も倒されていました。
風、本気で怖いです。不要不急の外出は、控えた方がよさそうなレベルです。

専門職についておられる、同年代女性〇さまとの会話。
「仕事に行くとあちこち凝り固まってくるの。休みの日は和らぐから、仕事もうやめろってカラダからの警告かしら。」
(ですが定年のないお仕事ですし、やりがいのあるお仕事なのではないですか?)
「いやぁ・・・・私、生き甲斐がみつかったらソッコーで辞めるわ。」
(え~~そうなんですかぁ?お仕事に生き甲斐を見出せそうですのに。)
「生き甲斐探しの真っ最中なのよ。仕事は生き甲斐にはならない!」断言なさっています。
〇さまはご旅行もお好きらしいですし、ご趣味もおありらしいですが。
それでも探し物の進行形だそうで。
「ひょっとして仕事が生き甲斐に、なっちゃっている?」
そう言われて、しばらく黙ってしまいましたが。
非日常の旅行とか苦手ですし、自由な時間ができたらひとりで撮りためたアメドラ見られたら幸せですし。とりあえず仕事ができていることが何よりありがたく思えますし。やはり、私にとっては、仕事が生き甲斐と呼んでいいものになっているようです。
その意味では、かなり幸せな人生を送れているように思います。いろんな人に、手を合わせたい気持ちです。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ
1 / 3123