東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

246

先週末、20時を回った頃に走っていた246で。
赤の信号で止まった車の窓から、ボーっと眺めていた横断歩道。
ササササ~~ッ!目の前を渡って行った黒ずくめの人影。
真っ黒で背中に刀までささっていて。動きが、とにかく忍者!??まさかぁ。
(なんだろ、ワタシ。疲れているのかなあ・・・)今夜は早く休もう・・・などど思っていたが
今度は血だらけのシャツを着た男性と、魔女っぽい女性が走っている。
そこでやっと、気付いた。
ハロウィンね。
お菓子屋さんにはオシャレなケーキも並ぶけど、我が家のカボチャは焼いたり煮たりでいたってシンプルッ。
246で見た光景は一瞬わが目を疑ったが、まともだったようで。。ほっ。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

行ってごらん

定期的にいらしている○さま、ご来院。
(そうだ、息子さんあの後いかがでしたか?)と私。
「ああ、そうだった。あの日帰ったら”良いみたい”って言ってて、翌日も大丈夫だったみたいよ。」
○さまのご子息は、前に首を痛めたとき一度いらしたことがあった。
先日の主訴は腰痛。
前回は初めてだったこともあってか、かちこちに緊張していて。
(そういえば、苦手だったよね。今回はどうかなあ・・・?)
様子を見ながら軽めに鍼をあてていくが、
「なんか、腰は鍼をされても平気みたいです。俺、首って普通に触られるのもダメなんです。」
したい刺激をさせてもらえたので、手ごたえもあった。
ご家族が不調の時に、「あそこに行ってごらん。」そんなふうに言ってもらえて、ありがたく思う。
約4年ぶりにお目にかかった○さまの愛息。ご成長ぶりも、これまたうれしい。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

心傾けて。

先日行った美容院で。
(本当に増えましたね、美容院。)
「そうですねえ。ですが、全国の美容院総数っていうのは何年も変化がないんですよ。」
ということは・・・・ご新規の開店も多いけど、閉店するところも多いっていうことでしょうか。
我々の業界にも言えることだなあと。
生き残っていくためには・・・・と考えがちだけど、そうでなくて。
おひとりおひとりの施術にすべてを傾けて。そんな思いで鍼をもってまいりたい。
いい青空がひろがっている。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

脱帽

月に2回来院なさる○さま。70代になってほやほやの男性。
「参っちゃうねえ。ちょっと遊びに行ってくると疲れちゃって、元に戻るのに時間がかかるょ。」
(今度はキャンプどちらに行かれていたんです?)ひとしきりキャンプの話をお聞きして。
「先日駅で昔の職場で一緒だった人と、ばったり会ったんだよね。その人が”おいくつになられましたか?”って聞くから”70になっちゃったよ”って答えたのさ。確か同じくらいの年だったと記憶してたから。そしたらなんと、向こうが10も年上だったんだよ。」
(そうですか。懐かしかったでしょうね。)
「いやあ、落ち込んじゃったよ。だって向こうは”出張の仕事帰り”っていって大きなバッグを提げているのに、元気なんだよね・・・・。俺、負けちゃってるよなあ…って思ってね。」
(そんなことをおっしゃってますが、○さまも十分アクティブでいらっしゃるじゃないですか。負けてませんよ。)
「こうやって鍼をしてもらって、何とか動けてるんだよ。」
○さま、そう言って帰られた。あの翌日は高尾山に行かれているはず。やっぱり、脱帽デス。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

予約入れて、食べに。

北風が冷たい・・・。
急激な温度差、暖かくして乗り切りましょう。

○さま、60代女性。
(あれ?いつもと違う背中ですね。)
「うふふ。昨日ね、盆暮れが一緒に来たようなご馳走をいただいてきたの。根がイヤシイから、存分に食べてきたわ。」
お幸せが、こぼれる笑み。自然にこちらも幸せな気持ちに。
「おととい予約の電話を入れたでしょ?昨日ご馳走を食べて、今日は鍼行かなきゃ!予約入れたから、食べよっと!ってね。」
美味しいものは、人をこんなにいい笑顔にする。
鍼灸院、こんな利用のされ方もワルクナイ。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

買い出し

先日いらした○さま。
「最近は調子がよかったのに・・・。」
腰痛を訴えて、”私はなにも悪いことしてないのよ”・・・と、これまた目で訴える。
施術をしつつ最近の生活のご様子をお聞きし、原因を探っていたら、
「あ!わかった。きっとコレね、原因はっ!」  ○さま、自己完結なさっていた。。
ご家族のために水や食材を求めて西へ東へ。
買い物のエリアが、確実に広がっているらしい。おまけに
「水を、とにかく買い物に出たら箱買いしている。車に常時積んであるって感じね。」
他にもペットのための餌やシート。がさばって重さのあるものばかり。
「年ってことね。。」またまた自己完結しておられるから
「○さまは十分輝いておられますよ。」
今後も沢山買い出しできるように。腰は身体の要ですからね!

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

戌の日

戌の日。水天宮にお参りに行ってから伺います。」
ご懐妊なさって、安定期に入られた○さま。
「戌の日は混み合うって聞いていたので、朝一番で行ってきました。」
安定期に入られたので、ご出産に向けた施術に切り替えて。
表情も変わられたように感じる○さま。
ご出産まで微力ながらサポートさせていただけたら、と思う。
来春が、たのしみですね。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

痛いけど

ここに越してくる前には、環七を南下したところに住んでいた。
その頃からご縁があった○さま。カルテを見ると初診が1998年。うわ~~。
先日、電話に出てみると
「もしもし」      この一声で、あ!○さま
腰痛が出るとおめにかかる、オシャレでキレイで素敵な方
「オオバさん・・・呼んだでしょ?ワタシのこと。
最近調子よかったのに、腰が痛くなったわよぉ。」
(そんなことはありませんが、お声を聞けてうれしいです。)
「行った方がいいのよね・・?でも、道路混んでないかしら・・?
平日なんて、嫌だわ。混むもの。」
(そんなこと言わずに、ひとっ走りしていらしてください。早い方がいいですよ。)
そしていらした○さま、
「嘘みたいにスイスイ来ちゃったわ~~。」
(意外に、腰ひどくなさそうですね?)
「痛いわよぉ~~」
”イタイ”を連発なさるけど、笑顔が絶えない○さま。
笑い過ぎ・・・。鍼が・・・揺れる・・・。思わず手で押さえちゃった。
帰るときも、やっぱりこぼれる笑み。
どっちが元気をもらっているんだか・・・。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ
1 / 3123