東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ツラかった夏

月に1~2回、メンテナンスでいらしている○さま。
8月は空いておりました。どうされているかと、とても気になっていたのですが。
その○さまが今月の初めにご来院。
「いやあ。ひどい目に遭いました。」
話を伺うと、
「暑い盛りにウルシにかぶれてしまって。外に出られる状態ではありませんでした。」
山歩きをなさる方ではないので意外でした。
でも、漆器の工房に行かれたそうです。
もともと皮膚は敏感でいらっしゃるので、他の人は平気な場合でも出てしまうことがあるのでしょうか。
「こちらに来たかったんですけどね。あまりに見事な広がりかゆみだったので、この夏はひきこもっていました。散々な夏になりましたよ。」
(そうでしたか。かゆみの軽減にはお手伝いできたかと思いますが・・・・。大変な夏になりましたね。)
「えっ!!カユミにもよかったんですかっ!来ればよかった~~。」
○さまには、ツラい夏になってしまったようです・・・・。
涼しくなりましたし、ひきこもっておられた分を取り戻す勢いで活動なさっているご様子に、私もホッといたしました。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA