東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

宝の

昨日は快晴。
雨の予報じゃなかったっけ?・・・と、やや肩透かし。
でもこの際十分生かしましょうと、ちょっと車を走らせてくる。
というのも、
ものすごく優秀な機能が付いた車に乗って大分経つものの。
宝の持ち腐れ的な乗り方しか出来てなかったわけで。
ドライブ日和ないい機会だわと、いざ!
高速を走りながらアシスト機能、ON。
ドキドキ。
おお~~やっと本領発揮。
本当だ、この子スゴ~~イ。
益々愛おしく、なりにけり。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

また緑の

昨日のベランダ菜園の続き。
去年買った巨峰の樹。
落葉したままで何とも心細かったが、やっと葉が出てきた。

上手くツルが伸びてくれるといいのだが。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

贅沢

天気は下り坂らしい。
週末の雨は、残念。

今年のベランダ菜園が、元気。
採りたての野菜、かなり贅沢。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

あげあげで

今日は文句なしの晴れ。
こんな空は間違いなく気持ちを上げてくれる。

不定期に見える〇さま、50代男性。
「今年初めの肩の動きの悪さと違和感、ほぼ普通になってます。今日はどこが悪いという感じでなく、ちょっと空いちゃったからメンテをお願いします。」
前回から3か月ほど経過していました。
「さて、どうですか?最近は。楽しいこと、してますか?」
そう、〇さまとは大概
楽しいお話、美味しいお話、心動かされた話をいたします。
こんなご時世だけれど
こんなご時世だからこそ
楽しいこといっぱいしましょうね~~~♪
というまとめになるので、
気持ちがあがります。
アゲアゲでまいりたい。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

思い出す

今日は雨。
こんな日は鍼日和・・・と勝手に命名。

昨日”ギックリで救急車の話”を書きながら、思い出した話を。
不規則な周期でおみえになる〇さま、60代女性。
お話がとても楽しくて、いつも楽しく鍼の手をすすめさせてもらっている。
その〇さま談。
「うちの主人がね。何年も前になるんだけど、ギックリ腰で。全く動けなくなったの。まぁお父さんどうするのよ~~って私はなすすべ無し。伏したままの夫が救急車しかないだろって言うから呼んだわ。救急隊の方、さすがにプロね。この状態で階段をどうやって下りるだろうって興味津々で見ていたら、担架を立てて上手~に見事に下りたわ。でね、勿論私も同乗したんだけどさ。」
ここまで話され、〇さまに笑いが。
どうされたんです?
「私も慌ててたからね。なんせすっぴんでくつろいでいた時の話だから。救急車の到着早かったし、夫が階段下りる所も見なきゃならないし、化粧しなきゃ外行けないし、もうバッタバタ。病院に着いてあれこれ検査に付き添って散々ウロウロした後、やっと行ったトイレで鏡見てギャ!眉毛片方しか描いてなかったのよ・・・。」
え~~~っ!!
「痛がるお父さん横目に自分の慌てっぷりが可笑しくって、ずっと笑ってたわ。」
強烈な印象があったあのお話。いまだに時々思い出してニヤッとしちゃいます。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

あやうくて

定期的におみえくださっている〇さま、30代女性。
この度はイレギュラーなご来院。
「腰・・・アヤウイです。」
なにかやられました?
「いや・・・特には。クイックルワイパーをかけていて、ん??な感じで。今は平行移動で無いと危ないなあって感じ。」
忙しかったのかしら?いつもの様に。
「そうですね、暇ではないですね。先日は徹夜あったし・・・。」
あれま。
鍼灸での施術。
終えられて。
「ふう。なんとか、ギックリにならず過ごせそうです。」
ね。
「私、数年前職場でギックリ腰になり一歩も動けず。救急搬送されました。」
あれま。
「あの時の二の舞は、絶対避けたいです。」と、帰られた〇さま。
無事にご多用な日々を乗り越えてくださいませ~~。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

狭いけど

雲が多いけれど、時々差し込む光がうれしい。
カラー、開花。
今季初めて。

先日ご来院の〇さまが
「ミモザは終わったわね。カラーが咲きそう。此処、広くないのにその時々の花が咲いて。いいわねぇ、四季を感じられて。毎回此処の様子を楽しみにしてるのよ。」
わお。
非常に嬉しいお言葉を頂戴した。
今度新しく植えようと思っている苗木の事で盛り上がった。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

気品高き

エビネが、咲いてくれた。
今年は例年より2週間ほど早いかな。
2本だったものがしっかり3本に。

転居の際、義母が一緒に連れて来たもの。
この地に移り住んで22年になるのだなあ。
小さいながらこの気品。さすがラン科。
年に一度咲いてくれるエビネを見る度、義母を思い出す。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ