東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

満ちた月と

加湿器を出しました。
明日から11月。

「餡子が好きって言ってましたから」と、〇さまからの差し入れ。
きゃ~~!うさぎやさんのどら焼きですぅ。
袋のうさぎが、またカワイイ。

今年も今日で10/12→5/6を過ごしてしまったことになるわけで。
いろんな焦りを覚えながらも、まずは美味しい餡のどら焼きを頂いて。
今日は満月。満ちたお月さまを見ながらもぐもぐしようかと。
残るふた月、ガンバロウと思います。
ごちそうさまでした。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

伸び

うっそうとしていた酔芙蓉の木を伐採したせいか
「明るくなりましたねぇ」と〇さま。
はい。
「剪定のレベルじゃなくて、これ幹からいっちゃった感じでは?」
ええ。ですが毎年ここまで切っても夏にはあそこまで伸びます。
2か所に植えているのですが陽当たりが悪い方が伸びがいいようです。
陽を求めるのでしょうか。
「意味深ですねえ」
といいますと?
人間もね、幸せ過ぎない方が人として伸びるんじゃないかと。
植物はあまり手を掛けず、ある程度イジメた方がよく育つと訊きますが。
〇さまの言葉が、ずっと私の中に残ってます。
そもそも幸せって何でしょ・・とか。
考えれば考えるほど・・・唸ってみたりして。
木がなくなったので明るくなりましたが、今日は曇り。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

大事な日

女性は記念日が好きな人が多いようで。
〇さま、60代女性。
前回おみえの時に
「なんとな~~く夫が私の誕生日忘れている気がする・・・。」と。
サプライズがあるんじゃないですか?
「だったらいいけど。」
そしてこの度
「や~~~~っぱり忘れてくれてたわよ。」
ありゃ~~ご主人痛恨のミス。
「最近の若者は”付き合いだした記念日”とか言って毎月その日にお祝いするらしいけど。そこまでやれとは言わないけど、忘れちゃいけない日ってものがあるじゃない?」
ですね。ご主人のフォロー、できなかったです。
それにしても今どきの若い人たちはマメなのね。
毎月やってくる記念日ってのも、しんどい気がするんですけど。
な~んて思っている時点で、私はこっち側。
とりあえず。忘れちゃいけない日、ヌケルことないように気をつけよっと。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ナイス

田舎の従兄弟が丹精込めて作っているお米を、いつも送ってもらっている。
我が家は断然、米食派。
そして・・・やっと、今年の新米~~!

それにしても、毎回感心する米袋の表示。
キャッチコピー、最高だよ~~。
これ産み出したヒト、サイコーだなって。
目にする度に思う。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

懲りずに

いよいよ終わったようなので酔芙蓉の木をノコギリで。
小さな庭が明るくなった。
これだけ伐っても夏にはワッサワサになる。
逞しいなあ・・・。明日の燃えるゴミに間に合って良かった。

最近、寝室にワンが来たがるので。
ベッドの横に彼女の寝床を作ってやった。
基本ツンデレの柴犬なので。就寝時に名前を呼んでも、来ず。引き戸を10センチ程開けておくと、いつの間に来たのか夜中横で寝ている。さすがに布団には入ってこないが、横で当たり前の様に寝ている。少々毛が落ちるのがイタイけど、なんとなく幸せな気持ちになるのが不思議。そんな夜を幾晩も過ごしていた。
が、ある日、夜中に場違いな音で目覚める。
ワンがクローゼットの中で穴掘りをしている!コルク床掘らないでよっ!名前を呼んでも息をひそめ、奥の奥から出て来ない。悪さがばれて隠れているつもりか。頭隠して尻隠さずだよ。尻尾を引っ張る。こっちは真夜中に起こされて、超不機嫌。
隣りで感じるワンの寝息ってなかなかいいものだけど、カッカッカッっていう穴掘りの音には降参である。
寝る前にクローゼットの扉は完全に閉鎖し、部屋の引き戸は迷いつつもやっぱり開けてしまう。懲りないなあワタシ。結構迷惑な訪問者を密かに待つ。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

負けます

朝は少しヒヤッとしていたので暖房を入れましたが。
日中の日差しはポカポカ。

〇さま、60代女性。
「GO TO使って行ってきたわよ。」
最高級の旅を満喫されたご様子で。
「行く先々人が一杯で。これまでみんな出かけるのを我慢してたのね。同年代くらいのご夫婦連れが多かったわ。でもあれね、旅行も最少人数でってことになると家族単位、夫婦単位だろうから。夫婦仲悪かったらツライわね。」
〇さまのところは、きっとお出かけになっただろうなあって思ってましたよ。
「あら!わかった?不思議なものでこれまで籠り続けていたのに、一度出たら次は何処に行こうかって。俄然旅行モードになっちゃったわ!」
高級旅館の予約が取れないって聞きますが、お手軽宿泊施設にも陽が当たるといいですね。
それにしても。上等移動手段に高級旅館。美味しいお料理に観光でリフレッシュ!なさったはずですのに・・・。ナゼにこんなにお疲れの背中なのでしょう。
「旅行に行く前に、片付けや済ませたいことをバタバタで頑張ったからかしら。」なるほど~~。
「で、今日は此処から帰ったらまた仕上げなきゃいけないものがあるのよ。よ~し頑張るぞ!」
〇さまのバイタリティーには、脱帽です。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コワいモノ

保険料控除証明書が次々に送られてきて。
今年も、もうこんな時期なんだなあ・・・。

初めてご来院くださった〇さま。40代男性。
「凝りがツラくて。いつからっていうか、慢性です。これまでマッサージを受けたことはあったんですが、なかなか。どうしたもんだろうと今に至ってますが。前を通ってたまたま看板を目にして。こんなところにこんなものがあったんだ!ってちょっと驚いて。あ、すみません。。そんな訳で鍼灸は初めてだけれど、近所だし。試しに一回行ってみようって。」
最近このように仰ってご来院くださる方が増えています。
コワいもの見たさ・・・?
駅近でも無く、地味~ないでたちですが。
興味を持ってくださる方の”ちょっと行ってみよってか・・”な感じ、
妙にほっこりデス。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

あくせる

雨の中をいらした方が「予報より寒いよ~~」と。
まだ花芽をつけている芙蓉も、心なしか寒そう。

70代後半の〇さま、男性。
「我々の年代になると友人も一人欠け二人欠け・・・。明日がいつも通りやって来るなんて、誰も保証できないわけで。この間も友人と食事をしていたらキューンと左の背中あたりが痛くなってね。」
ドキ。
「お!イケるか?って期待しちゃったけど。」
いえいえ、期待しないでください。
「それが僕の理想なんだけどね、実は。」
いつもの笑顔で仰いますが、こちらがドキドキしてしまいます。
「その時思ったわけ。この先いつ何時何があるかわからないから。やりたいことをなんとなくブレーキを踏んでた感があるんだけど、これまで。もうこの際、ブレーキを踏むのは止そうと。」
アクセル全開ですか。
〇さまが、踏んでおられたブレーキペダルを離し。アクセルを踏んでなさろうとしていること。
今度お聞きしたいなと、思う。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ