東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

らしい空

よく降ります。


水ガメのメダカ、元気デス。
ホテイソウ、咲きました。
雨だと、映えます。
梅雨らしい空を、むしろ愉しめるようでありたい。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

自覚は無し

梅雨らしい空。
〇さま、アラカン。男性。
ご家族のご紹介でおみえになってから、もうすぐ3年になろうとしています。
「めまいがして救急で病院を受診。特に問題個所ないと言われた。」
めまいは一過性だったようで、その後は出ていないとのこと。
とてもご多忙ならしく後頚部から背中にかけての凝りが非常に強くていらっしゃいますが、ご本人的には全く自覚は無いとのこと。
鍼灸の経験は無く、「痛いのは、嫌だなあ」を身体と言葉で表しておられました。
やや赤ら顔で足は水っぽく浮腫んでいます。血圧やや低め。
ちくっとした刺激ですが、今の〇さまには必要な手技であることをご納得いただいて施術開始。
2カ月で4回鍼灸をさせていただきました。
他覚的にはかなり身体のコリが解消されてきたようですが、初めから自覚症状のない〇さまにとっては「そうですか?違ってきましたか?」と、やや力が抜けるご返答。
その後もお忙しい時間の隙間を作って、継続くださっています。。
ご本人曰く「月に一度は何とか伺いたい思って!」だそうです。
”月に一度”・・・は、なかなかハードルが高いようですが。
「相変わらず凝りの自覚は無いのだけど、年齢的にも手入れをしなきゃいけないかなと思っているから。空いちゃうと家族に”行ってよ”って言われるしね。」
奥様のご指導で増加傾向にあった体重も落とされ、益々イイ感じになられています。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

虫を食す

ネペンテス・マラニー。食虫植物。
蚊が出てきたので買ってみた。やや残酷か・・?
働きを期待してのことだったのだけど、姿も美しい。
これ大事。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

踊っちゃった

何でもない日なのに、美味しいお肉を焼いた。
”今日って何の日?”
”なんだこのご馳走!”
で、
”うまい~~♪”
一同、狂喜乱舞。
そのうちの一人が
「見直したわ、秋田。うまいわ、羽後牛・・・」ですと。
キミに見直されなくても、ずっと美味しいんだよ。
ウチがゲットできなかっただけ。
それがコレです。
こんなに美味しいものは、たま~~に。
そしてちょこっとだけ食すってことが、ポイントな気がします。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

晴れ

今日明日の晴れは貴重らしいので、洗濯機をいつも以上に稼働させました。
職場が近いってありがたい。
滅多にない日差しでしたので、皆さん日焼け対策も念入りでした。”自転車移動で指が焼ける”と手袋着用の方も。恐れ入りました。

昨日いらした〇さま。40代女性。3か月ぶりです。
「昨日の朝から頸が痛くて動かせません。」
後屈が一番ツライご様子。左よりも右への回旋がツラいとのこと。
「3か月も空いてましたか?忙しくて自分の事にまで手が回りませんでした。こんなになる前に来なくちゃダメですね・・・。」
いつもは背部の張りが強いのですが、この度は頚の上部にポイントがありそうです。
「ああ、そこ!沁みます。ひゃあ!」
(大丈夫ですか?)確かめながら鍼先を進めます。
「はい大丈夫です。逃げたい感じじゃないです。」
逃げられないように。。
最後は座位になっていただいて、皮内鍼を留めて終了。
今日はゴルフと仰っていました。お天気は上々!
さてさて。肝心な頸はどうだったでしょうか・・・。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

背中

随分降っておりましたが、やっと止んだようです。
治療室はやや寒かったので暖房稼働。

1,2度みえたきりで更に随分と間が空いてしまった場合、お顔とお名前だけではちょっと自信がないケースがあります。ですがその方のお身体を拝見しながら、”以前鍼をしたあの背中だ!”など、お顔には無くてもそのお身体のあちらこちらに見覚えのある特徴を見つけるケースは多いです。目は口ほどにものを言うようですが、背中も十分に語ってくれます。
そんな話を〇さまとしておりましたら、「私の背中はどんななの?」と聞かれ。
〇さまは今年60代最後の年になるそうです。
(初めの頃とは随分変化しましたね。まず綺麗になりました。色艶がよくなりました。あれから12年経ちますのに、お背中はむしろ若返っておられますね。)
「12年って言った?今。ここに通いだして?」
(そうですね、今年の夏で丸12年になります。干支が一回りしたってことですね。)
「ああ怖ろしい。年をとるほど加速するって言うけど、益々時が速いわ。怖ろしい。」
そして今年も半分、過ぎようとしています。はい、オソロシイですね。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

生命力

この辺りは緑が多いと思います。
緑が多いということはそれぞれのお手入れが大変だということで。
ご近所のマンション敷地内に植えられた樹。
(ケヤキ・・・とお聞きしたような・・。やや自信なし。)
秋から冬にかけての落ち葉が、なかなかの量。その辺の事情があったのだろうと思われ、この春にバッサリと枝だけでなく太い幹に至るまで、かなり落とされていました。高校球児の坊主頭を連想しちゃう形で、なんだか気の毒にさえ感じたほど。
しかし!あの姿が嘘のように。今では新緑まばゆく、ゆっさゆさデス。


一緒に見上げた方と
”この逞しさ、見習いたいものね・・・”と。
ほんとうに。。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

100年

数日前から〇さまとお話したいことがあって。そろそろおみえにならないかなあ~と、想っていたら。その想いが届いたのか〇さまご来院。凄いぞジブン、飛ばせたみたい!

その〇さまとの会話。
「高校の創立100周年記念式典があったの。」
(す・ご・く・ないです?)
「でしょ?そう思っていろんな人に自慢してたんだけど。なぜか私の周囲には更に凄い人たちが多くて。それをゆうに超える歴史ある学校が多いことがわかって。100年なんて可愛いものみたいよ。」
(ひゃあ~~。)
「オーバさんのとこだってそうなんじゃない?」
私の母校は既に無く。どれくらいの創立かなんて、これまでその母校を思うに至らず。どれどれ‥?って調べてみましたら
”大正7年(1918)から平成23年(2011)に運営されていた。現在は統廃合されております。”
ってことは、93年で幕を閉じたということでしょうか。
統廃合されていなければ今年創立101年ということになりそうです。
〇さまの母校と、ほぼ一緒ではないですか!惜しかったなあ・・・。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ