東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ポチッと

気温が今ひとつわからない。朝は降っていたのでいつも通りの仕事着にするか迷ったが、結局今年初めての夏仕様の仕事着に。正解デシタ。

弦巻鍼灸院では皆さんに領収書を発行しています。
レジスターも年季が入ってきました。
レジロール紙を随分前に箱買いした際
「これ、一生かかって使いきれるんだろうか・・?」
と不安だったのを覚えていますが、意外にも早くこの日が来て。
”レジスターが古いから、ロール紙がまだあるかな~~?”やっぱり不安な気持ちで探しましたら、ちゃんと買えました。
今度こそ、使い切る自信なし。←キッパリ!
それにしても・・・座りながらポチッとするだけでほとんどのものが購入できる時代を生きられて、シアワセです。
昭和11年生まれの父が
「一番いい時代を生きた。心残りは何もない!もういつ死んでもイイ。」
そう言い切っていた。昭和40年代の生まれの私も負けずに
「私たちの方が最高にいい時代に生まれたよ~~。まだもうちょっと私は生きたいけど。」
張り合ってどうするのよね・・・って自分に突っ込んでみたり。
ま、とにもかくにも。ポチッとして大概の事を済ませられる、小さいけど素敵な幸せをかみしめています。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

桜と雪と

10連休を避け、帰省してきました。
途中の鳴子温泉は桜が見頃でした。

更に進みましたら峠はこの通り。

鳥海山もまだ真っ白。

 

イレギュラーなお休みでご迷惑をお掛け致しました。
ここでお休みを頂戴しましたので、
10連休中は4/28と5/6以外開院しております。
4/28と5/6のみお休みです。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

にわのあれこれ

心地よい日差しです。
ワンの散歩をしていた昨夕、選挙カーが並走する形になり。こっちに向かって語られている気がしましたが、ゴメンナサイ。ワタシ期日前投票にて投票済ませちゃいました。時既に遅しでございます。

自家製培養土がいい具合なのでしょうか、庭の花がいい感じ。


薔薇が蕾をつけましたし、カラーが咲きましたし。
分けていただいた金の生る木が、こ~んなに成長しました。小指くらいだったはずですが。ご覧になった方が
「ここん家の金の生る木、凄いわね~~!うちのはローンが残ってるからかしら全く勢いがない。」なんておっしゃってましたが。金の生る木の勢いと金銭状況が比例するとは限らないようで・・・・。

4/21,22,23  お休みを頂戴いたします。よろしくお願いいたします。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

魅せられて

サクラは終わりましたがウオーキングの際も薄着で平気になり、いい季節だなあと。満月は本日のようですが、昨夜の月も十分満ちていて綺麗でした。
繋がる空の下、この美しい月はみんなの目にも止まっているんだろうか、
みんな見上げて誰を想い何を想うんだろう・・・。
それぞれの想いで空を見ているんだろうなあ・・・。
初めはドテドテッとした足取りも、自然に軽やかになってきて。
月にいつも魅了されてます。
日中いろんなことがあって出るのを億劫に感じる時でも、こうやって自分をリセットできる時間に救われています。
今日もワタシ、日中は相変わらずの屋内です。
こいのぼりのモビール、出しました。
微風に泳ぐこいのぼりが、愛らしい。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

風の様に

「どうも!」いつもと変わらない、大きくてよく通る声でご来院くださった〇さま。同じ年の生まれの男性です。海外でご活躍されていて、日本には2回/年程帰ってこられるそうです。この度も成田から直接、ほぼ東京横断でいらしてくださいました。ご縁ができてから、もう14年も経っていました。驚。
ご友人がウチを紹介くださったそうで、その方も現在は日本を離れています。
「桜新町の駅から◎クンに電話してさ。”これから鍼をしてもらってくるから~”って。彼、”ぐわっ!うらやまじ~~!”って、悔しがってた。へへへ。」
それにしても〇さん、初めてお会いした頃と全く変わりません。髪の毛黒々ですし、声大きいし、ギラギラしてるし、それでいて少年のように目が輝いているし。パワーありますわぁ。
「僕はね、永遠の38歳目指しているんですよ!」✨
38歳、一番いい時期かもしれませんね。
終えられて。
「来るときは車拾ってきたけど帰りはいつも駅まで歩くんですよ、10分ちょっと。歩くのにちょうどいい距離です。身体が軽くなったのを実感しながら歩く。それで、普段の不健康ぶりをずっと考える。歩かなきゃなあ・・・・車ばっかりじゃだめだなあ・・・とか。」
そうは言いましても、向こうに帰られておいそれとは歩けませんしね。お車移動は必須でしょう。
「車で移動中、ず~~~っとPC叩いているからね。」
そんな姿勢でお仕事されているんですね。
元気な〇さまと今年もお目にかかれて、パワーを分けていただきました。
「じゃ、また8月に来れると思います。よっし、また◎クンに”鍼したよ~~”って電話しちゃおう♪」
最後まで大きな声と日に焼けた笑顔で、風の様に帰られました。
遠路ありがとうございました。また、お待ちしております。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

はる

今日は雲が多い様です。それでも心地よい陽気。

拙いブログをいつもみていただいてありがとうございます。なかなか会えない人にはほぼ安否確認状態になっているかもしれませんが、それはおいといて。
ここで”最近腰痛が多い”ですとか”頸がツラいと言う方がみえました”とか書きますと、同じような症状の方がいらっしゃる傾向にあります。このところは”頸が痛い”の声が多く聞かれました。
肩が凝る、頸が凝る・・・はよく耳にしますが
頸が痛いと表現する方は少数派な気がします。
その少数派である痛い人たちが続きました。実を申しますと私自身も肩や頸の凝りは感じることなく、不快は痛みとして出ます。ですので最近来院主訴の”頸が痛い”の表現は、よくわかります。口には出しませんが大いに頷いている次第です。自分がメンテナンスでお世話になる際には「クビがイタイ」と、吐露。
春は何かと気ぜわしく。自分のメンテもやや間が空き気味に。こんな春だからこそ、いつも以上に手入れをしなくちゃ!なのですが。
極身近の家人への鍼灸施術も、ちょっと気を抜いていると間を空け過ぎていたりして。慌てて合間に「それ今だ」と。
やはり春はセワシク、ニギヤカな模様。。
しとやかに、たおやかに・・な春は、幾度季節を重ねども、いと遠し。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

上手く

本日も心地よいお天気です。
〇さま、50代女性。
おおよそ3か月に一度のペースでご来院くださっています。
先日いらした際
「人事異動などでシフト変動有。なかなか忙しい日々。以前は何とかこなしてきたことなのだけど。シンドイ。頸がツラくて仰向けになって寝られなかった。疲れているのに寝られなかったことって初めてで。頸の辺りがゾワゾワしてくるのよね。そうなると鍼行かなきゃ!って。ゾワゾワが”行かなきゃサイン”。」
終えられて。
「これで寝られそうです。今日はゆっくりします~~。」
色白の〇さま、ややぽっと紅みをさしたお顔でお帰りになりました。
働く女性。この時期はエネルギッシュだった20代30代の時とは違って、身体の変動がある時期。いわゆるお年頃です。
我々のところを上手にお使いいただいて、心身の変動と上手く向き合いながら輝いて欲しいと思います。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

好きな先輩

今日はすこぶる心地よいお天気。こんなに爽やかな空気は久しぶりでした。

その爽やかな空気の中、久しぶりにご来院の〇さま。
ちょうど一回り先輩、女性。同じ干支です。
「股関節が痛い。原因は解っているの。運動した時、あれ?って瞬間があった。いつもここに出るの。」〇さまがここが痛いと言って指すのは股関節付近。
(毎回言っていますが、おそらくは腰からですね。)
施術終えて。
「これ、痛くなくなるのかしら。」ご不満げな〇さま。
(これまでも同じような痛みの際、鍼の後いかがでしたか?)
「うん、劇的に即消えるってことは無いのだけど。昨日より今日、今日より明日・・・って感じでだんだんと消えていくわね、そういえば。」
(はい。ですからこの度も明日、明後日と様子を見てくださいね。)
そして帰り支度をしながら靴を履く動作で
「あれ?こうやって前にかがむときの痛みが、なくなってる・・・。」
〇さまともご縁ができてから15年になりました。
お綺麗で楽しくて笑顔が素敵で。そして毎回干支の話になり。
「私たちの干支ってさ、誰に言っても大概笑いが出るのよね。なんでなのかしら。」可愛いから私なんて好んで使っていますけど。
「まあね。そして運命共同体的なものが生まれるものだから。最近は挨拶代わりに言ってるのよ、🐵~~♪って!」
ほお!
そして〇さま、じゃあまたね!のかわりに”saru~~”と言って帰られました。
やっぱり、カワイイ。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ