東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

この色

10月最後になる本日も穏やかな日差しで。
「年内は何日までやっていますか?」
・・・こんな台詞が訊かれるようになりました。
年々月日の経つ早さを感じていますが、今年はいつもより加速しています。

「おすそ分け♡。ペパーミント好きだって言ってたよね!」


この色合い、愛してる!
ス~ッて鼻に抜けるいい香り。
美味しくいただきました。
〇さま、覚えていてくださってアリガトウ。ゴチソウサマでした。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ハズレルンデス

先日、歯科へ定期健診の為に伺う。
大きな声では言えませんが、
歯医者さんは苦手です。婦人科受診よりも苦手です。
私の口は決して小さい方ではありませんので、開口に問題があるはずはないでしょう!と思われるかもしれませんが。苦しいのです開口が。
なぜか?それは顎関節が、いとも簡単にハズレるからなのです。ううっ。
この度、奥のさらに奥への処置が必要になった模様で。
この時点で、嫌な予感しかない。
吊り上げられた魚が思い切り開口させられている画像がぴったりな状態で。
もう、心の中では大涙!
途中で口をゆすいでと言われた際、恐々閉口していたら
「大丈夫ですか?」
(いや・・・アゴが・・・)
「嗚呼!そうでしたね、よくハズレる方でしたね。大丈夫!ハズレたら入れますからね!」明るく楽しそうに仰る。
此処の先生とってもお綺麗なサバサバッとした女性の先生で、大好きなので通わせてもらってます。
でもねセンセイ。外れるのコワいんですホントに。
歯医者さんがニガテなのは・・・これずっと変わりませんね、きっと。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ミミズクン

暖かくて柔らかな日差しが伸びてきます。
昨日は、ずっとやりたかった庭の掃除とベランダの土の入れ替えをしました。
もちろん大事な商売道具の手を守るべく、綿の手袋とビニール手袋を重ね履きしましたが夢中になっちゃうんでしょうね・・・
気付いたら傷が出来ていました××。
終わった野菜の根っこを抜き、古い土をスコップでバケツに移していたら大きなミミズクンが居るわ居るわ!やや大きめとはいえ、なんせプランターなのにミミズクン!ワンが近寄って珍しそうにしているので、すぐに新しく入れ替えた土にお戻りいただいて。
小松菜の種を植えました。ミミズクン、よろしくね。
培養土もまた作ろうかなあ・・・的な気持ちにもなり。
身体が戻ってくると色々動こうっていう気力も出てくるのでしょうね。
土いじりはココロの浄化にいいようです、ワタシの場合。
10月もあと数日。大事に、過ごしたいと思います。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

宝石のような

予報では雨マークでしたが、時折陽もさしております。得した気分。

〇さまがお土産にくださったもの。


写真ではわかりにくいのですがこのお砂糖、キラッキラしていてまるで宝石のようです。
きんぴらや煮物に使わせていただいています。
テリと言いコクと言い、素晴らしいです。ミネラルも豊富で~す♪
佃煮も新米といただいて、毎食幸せでございます。
増加した体重のコトが毎食頭をかすめますけど、これは随時ってことで。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

なんとなく

今年の春に初めてご来院の〇さま。還暦になられてほやほやの男性。
主訴は「眠りが浅く、早朝目が覚める。しかし特にどこかがつらいということはない。」
お身体も引き締まりご趣味も沢山あるご様子で、人生を愉しんでおられている感に満ちております。
およそ3週ほどの間隔で鍼灸を受けてくださっています。
2回目のご来院時「特に変化は、ないかなあ。」
3回目には「うん、なんかね、いいみたいなんだよね。身体がね、求めてる感じがするんだよ。初めはどこも不調は無いと感じていたんだけど。続けているうちに、なんとなくいい状態になっている感じがするんだよねぇ。」
こんなご感想をお聞かせくださいました。
なんとなく”とは、
広辞苑によれば”とりたててなんということもなく。どことなく。”とある。
新明解国語辞典によれば
”具体的にどこがどうだからと言えないが、その傾向が漠然と感じられる様子。”
いずれにしても快適なご生活の、さらなる向上が見込まれたということで。
”なんとなく”・・・って、地味な言い回しだけどそのビミョウなステップアップぶりがこれまたいい感じ。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

直球で

今日は比較的暖かいようです。
とは申しましても、朝夕の治療室は暖房稼働です。

ふるさと納税、今年は初めて自分の故郷に。これまでいろんな所の返礼品にフラフラしていましたが、この度は直球で秋田県羽後町(うごまちと読みます)に。
実を申しますとあっちこっちのサイトを見ていたのですが、ご生産者のお名前に見覚えのある方を発見!ご先方は覚えていらっしゃらないかもしれませんが、地元で板を履いていた時にスキー場でご一緒したことがあります。あまりに懐かしかったもので、今更ですがホンモノの故郷にふるさと納税
そして本日、到着。


モツ好きだし、そもそも羽後牛初めて食すかも・・・。
楽しみデス。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

一緒に重ねて

「こちらにいらっしゃるのは、どれくらいの年齢の方が多いですか?」
結構な頻度で訊かれます。
施術者が女性ということもあるでしょうか、男女比では女性の方が多く、開院当初からこの比率に変化はありません。
そして年齢層に関して。私がこの地で始めたのが30代前半。
その頃は20代から40代にかけてと、幅は広かったように思います。
およそ20年が経ち。
私の性別こそ変わっておりませんが、年月が過ぎてきましたら40~50代の女性が多く占めてくださっています。開業当初からご縁をいただいた方と一緒に年齢を重ね、歴史を積んでこられている気がしています。これ、なんだかウレシイ
”身体をみてもらうのは自分よりもちょっとだけ若い人がいい”の声も多くの方から言われます。
理由は”先に逝かないで、自分の最期までよろしくね!”だそうです。
病名はつかなくてもなんとなくツライ、シンドイというご経験は多くの方がおありかと思います。
人生のお供に鍼灸をおいていただき、末永くお付き合いいただけたら
”ちょっと快適生活♪”のお手伝いが出来るのではないかなと・・・
常々思っております。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

おそろしや。

ウオーキングを再開しています。
落ちてしまった筋肉。そのために左右対称の動きが大儀です。
道路は斜めになっていますし、左右同じように足を前に、とずっと考えながら。
ですのできっと夜な夜な歩いているワタシの表情っていったら・・・・
おそろしや
勿論ちょっとずつですので、
”通常の半分ほどの距離を、時間は倍かけて”ですが。
そうなると気になるコースを選びたくなり。
うな吉のその後を見に行ってきました。
6/3の様子以来
なんとウナ吉の姿がありませんでした。ぽん助のみ!

どうしたかなあ、ウナ吉。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ