東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ひとりごと。

〇天のお買い物マラソン実施中。してその術中にはまりポチしまくり。一番楽しみにしていた商品が欠品だったり、茶々が入るとヒトって不思議なもので。”じゃあいいか”ってならずにほかで代用しようとする・・・これ我だけか・・?
このところなんだか気持ちが下がることが多かったから、余計なのだろか。
エアコンの掃除をしたら利きが俄然よくなった。これは嬉しい。
つけてもいないのについたり、消してないのに消えたり・・・今我が家で一番アブナイ家電のTVのご機嫌をうかがいながら、全く私何をやっているんだろうと落ち込んでみたり。
今日も暑かったですね。
ずっと降っていない雨。ベランダのプランターの野菜はさすがに水やりを怠るとエライことになるのに、庭で育っているモノたちは意外に元気で。
これくらい逞しく、生きたいと思うのだが・・・。なかなか。ひとりごと。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

早めに動いて

ぬぐい・・・。
連日の猛暑ぶりに冷蔵庫の件だとかエアコンの件だとか、今年は早め早めに動いてよかったなあと改めて胸をなでおろしている。
もひとつ早めに動いてよかった件。
ツレアイの祖母は明治生まれの方で、義理の孫になった私の事もとても可愛がってくださった。
おばあちゃんが遺してくれたお着物が結構あったのだが、義母は現実主義の方で綺麗さっぱり捨てる気満々。
明治と昭和、元号は違えども同じ年の生まれだった私は趣味の良い着物たちとの別れが惜しくて、その昔引き取らせてもらっていた。
着物から洋服にリフォームしてくださるお店があって。これまでにもちょっとずつ、洋服に仕立て直した物を着させてもらっていた。
この夏は一番気に入っていた紗の着物からワンピースにしてもらおうと、お願いしていたのだ。夏に間に合うかしらと思っていたが、仕上がって手元にきた。それもかなり素敵に生まれ変わって。
せっかく夏に間に合ったのだから・・・スカート苦手な私だけど、この夏これは着てみなきゃ!こそっと着てみよっと。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

化して

10代のアスリート、ご来院。
お母様が当院で鍼灸を受けてくださっていて。鍼灸が気にはなっていたそうだが、これまで踏ん切りがつかなかったらしい。
お爺様が腰痛で鍼灸を受けられ、「随分楽になった。」の声を聞き、決心がついたそうである。
「腰が痛い。3年くらい前から。」
拝見していき、主訴とぴたり合う箇所みつけました。
「痛いかなあ?」緊張気味の女子。
鍼灸初体験の10代の子に最初から痛い思いさせたら嫌われちゃうから、
優しめ~~な刺激で。
(どうですか?)
「え?今って刺しているんですか?ハリ、入っているんですか?」
(そうだよ~~♪)
終始優しめな鍼灸師に化して進めます。
終えられて。
初めにした動作を再現してもらい、痛みが出ないことを確認して。
「ハリ、痛くなかった♡」
鍼との出会いは、爽やかに!10代ですもの。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

案ずるより

「GWにテニスをして以来、肩が痛いです。それから片側の足の付け根というか腰というかお尻というか、その辺が痛いです。」
お知り合いに”鍼灸がいいんじゃない?”と言われて、初体験という鍼灸院を訪れてくださった〇さま、40代女性。
ご紹介くださったのはウチにもおみえの方。サバサバした女性で皆さんに人気があります。私も大好きです。
”合う合わないはあると思うけど、私は鍼灸が合うわ!”そう言われたそうで、「ちょっと怖かったけど、エイって伺いました。」
肩関節部も腰周辺部も、痛みの元になっているであろう部位が特定できて。そこを狙っての施術。そして終了。
(ではこれで様子を見てください。鍼、痛かったですか?)
「いいえ、苦痛なく出来ました。」
(そして肩と腰、さっきの痛かった動きをなさってみていただけます?)
「・・・あれ?肩、こうやっても痛くない。そして腰近くの方も今は平気。躊躇しないで早く来ればよかったです。」
まだまだ鍼灸って清水の舞台から飛び降りる思いで受けられる方も多いようですけど。
案ずるより産むが易しっても言いますから・・・。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

根っからの

日差しが、怖ろしいほどです。
大雨の被害に遭われた地域では、ここで感じる以上に過酷な日差しなのだと思います。
被災された県に在住の知人に連絡しましたが、やはり大変な状況らしいです。
どうかまた皆で元気に再会できる日がきますように。

朝仕事着に袖を通したら、”途中で着替えはしたく無い”が本音です。
こんな出不精な私にとって居ながらにして大抵のものを発注できる今の時代って、天国です。さすがに靴や家電など、試着や目で見て確かめたいものは重い腰を上げるのですが。
「一日出ないで過ごすこともあるんですか?」同年代女性に聞かれ。
(便利な世の中ですから。つい最近もユニ〇ロ商品が欲しかったのですが、それさえもポチッてしてしまいました。)
「え~~!」
〇さまが驚かれるのも無理はありません。徒歩で数分のところにしっかり店舗があるのに、この体たらくぶりですから・・・。
根っからの出不精です、自他ともに認める。

7/11(水)~13(金) お休みを頂戴します。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。ぺこり。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

変な汗

ご紹介でおみえになった〇さま、30代男性。
「全身的に凝っている。」が主訴。
鍼灸はこれまで経験がないとのお話。
〇さまのお身体を拝見して、”こんな施術をしよう”とイメージを組み立てていました。
(少し痛いですが・・・)と申しましたら
「え!痛いんですか!」男性独特のご反応。痛みに対する閾値が低い方は、男性に多いです。
そんなご反応でしたので細めの豪鍼をつかいましたが、それでもご表情が”痛い!”と言っています。
やむなく更に低刺激で手をすすめます。
手や足や頭部や腹部にも、それぞれにあらわれていた浮腫みや硬さ。
初めイメージしていた手技が出来なかったので、”果たしてどこまで症状の改善が出来るだろう”と実は頭の中で変な汗をかいておりました。
最後に、変化した身体の様子を確かめて。
おお~~!随分と改善されています。
またひとつ、学ばせていただきました。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ココロの

人生の先輩である〇さまとの会話。
「世の中にはいろんな人が居るからね。」
(そうですね。)
「生きていればいろんな壁にあたるじゃない?誰だって。そんな場面になった時にその人の生きざまが出るものなのよ。」
(はあ。)
「なんでも人任せで生きてきた人とか、お金で解決させてきた人とか。要するに自分が切り開かなくても来られちゃった人ってのが困るの。」
(まあ、ある意味そういうヒトって羨ましいですけどね。)
「そういう問題じゃないわよ。いろんなところでそれなりに苦労してきた人っていうのはココロの筋肉がついているの。ココロが鍛えられて頼もしくなっているのよ。なんでも、経験!」
(ココロの筋肉ですか!いいヒビキですね。)
「そうでしょう。私もあなたも自分で切り盛りしていかなきゃいけないから、いかにお金をかけずやりきるかって、あっちこっちの筋肉フル稼働よ!でしょ!」
そうかあ・・・鍛えられてきたのかぁ。
ず~~っと昔、恩師が言っていたセリフを思い出しました。
「女の子っていうのは苦労なんかしたらいけないんだ。つらい目に遭ったコっていうのは、卑屈になるから。」
若かった自分はその言葉の真意をつかめず、こんなに時間が経つというのに未だにその答えを探していたります。
どれが正解かなんてわからないのだけど、ココロの筋肉は増やしていきたいですワタシ。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

触手が

天気が安定せず。
大雨の地域に、被害がないことを願っています。

触手が動いてしまった。
クルマは姿かたちで選びたい方でして。
丸~くなっているのが主流の中で、このカクカクぶりはハートをドキュンと。
やっぱりジムニー可愛いわぁ。

コレ

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ