東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

間に合いました

昨夜の散歩コースは桜を愛でに。

呑川の桜、今年も見られました。間に合ってよかった。
風も出てきて桜吹雪の中を歩き、桜の儚さがこれまたさらに愛おしく。
来年の桜を見上げるワタシは、果たしてどんなワタシだろうか。。

明日3/30(土)臨時のお休みを頂戴し、
4/1(日)を開院いたします。
イレギュラーな予定でご迷惑をおかけいたします。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

空いてのご来院

今日も晴れ。
桜が開花して雨に降られることなく幾日もお天気が続いたことってあまりなかった気がしますので、やはり嬉しいです。それにしても本日は暑いくらい・・・。

今月は久しぶりのご来院の方が多くみえました。
〇さま、30代女性。初診は2007年です。
バレエをされているので、姿勢がこの上なく美しい。
「右股関節が痛い。5年のブランクがあって、再びバレエを踊り出し痛みが再発。」
20日ほど空けてご来院。
「前回の治療の後イイ感じだった。しかしまた出てきましたね。」
やはり右の股関節痛を訴えます。
治療中、”股関節が痛いのになぜそこに鍼が来るの?”的なご表情だったのを覚えています。
再び時間が過ぎ3か月後にいらして
「あの後はスッキリと快調が続いていました♪。」
年に1度だったり何年か空いてだったり、ご予約を入れてくださる〇さま。
ご縁が出来て10年が経ったことになります。
この度は「ご無沙汰しています。しばらく踊っていなかったのですが、再び始めました。またメンテナンスお願いしま~す。」
今回は左の股関節にお痛みが出たようです。
お好きなことをなされるって、いいですね。〇さまのご表情が、キラッキラしていました。
40代になられた〇さま、相変わらず綺麗な姿勢です。こんなふうに思い出していただいて嬉しいです。
バレエをなさっている方のご来院が多いのですが、ツルシン。
そこの先生が、「オーバさんも、やろうよ一緒に!」と言ってくださいます。いやいや、バレエは見るだけで♡。「嫌なの?じゃあ、脇で筋トレしてればいいじゃん☆」と。ソレなら行けるかしら・・・。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

いろんな出会いが

夜の桜ばかり見ています。ほぼワタシ、夜行性。。

〇さま、30代女性。
やや離れたところにお住まいです。
「前に調子が悪かった時こちらまでくる余力がなかったもので、近い所を検索して駆け込みました。レビューも星が多かったのでまあ大丈夫だろうと思ったのですが。途中から”ん?私やらかしちゃったかな?”って・・・。どうやらその治療家の方はスピュリュチュアル系の人だったようで。」
(へえ。)
「その人には何かがみえるらしく・・・。」
(おお。)
「”その情報要らないわ~~。こわいわ~~”って、その後はもう早く帰ることしか考えられませんでした。」
(あらら。)
「会計して逃げるように、とっとと帰りました。お値段もなんだかいい金額で。あのお金でランチ何回食べられたのよ!ってしばらく落ち込んでましたぁ。高い授業料だと思うことにします。」
また、お相手がリケジョな〇さまですからねぇ・・。お話をうかがいながらその状況を妄想してしまいました。
いろんな出会いが、あるものです。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

3月

暖かい日差しが心地よいです。
〇さま女性。初めてのご来院は5年前の、やはり3月
当初の主訴は”カラダのあちらこちらにむくみを感じます。疲れてくると腰痛が出ます。”初めていらしたときには20代でした。
「久しぶりです~~」
本当ですね、昨年の9月が最後だったようです。
「最近、冬季は快調なのです。と言いますか、冬季は忙しくて倒れるわけにはいかないので気力だけで持っている感ありますが・・・。そしてその冬が終わってこの時期に待っていたように崩れるのです・・・。」
再来なさる時期は、仰るようにこの月が多い様です。
「今回はめまいを感じます。眼の周りがゴワゴワッとした感じがします。頭周りの不快な感じが先週から出ています。」
いつの間にか30代になられていた〇さま、完全休日はお取りになっていないようです。
「動いていたいんですよね、ワタシ。時間が出来ると何か入れたくなっちゃうんです。」
いろんな箇所の、不具合が生じているツボに鍼を置いていきます。
仕上げにほぐしながら(この辺りは随分緩みましたね。)
「凝って・・・いたんですね・・・。」ご本人、自覚はなかった模様。
お帰りになる時のお顔が、変わるんですよね。
ムクミが改善されるためと思われ、キュッと締まって見えます。
定期的にいらっしゃるのが難しい方、お若い方では多いです。それでもちょっといつもより疲れが抜けなかったり睡眠の質が悪かったりする時、”鍼灸院あったなあ、行っとこ!”こんなノリで十分かと思われますので思い出していただけたらと。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

情が湧くものの

桜サクラ桜サクラ・・・晴れによく映えているでしょう。みられていませんが。
桜には、やはりヒトのココロを上を向かせる力があるように思います。

前に載せたウナ吉。コレ
その後が気になっていましたので、再び行ってみました。


おお!ウナ吉、大事にされているっ!
くつろぎの空間を用意してもらっていました。
トンネル様の暗い所に居るウナ吉に、なぜでしょう自分を重ねてしまいました。普段家屋でずっと過ごし、日の当たらない日陰の身の自分に。そんな訳で情がどんどん湧いてきますゎウナ吉に。
しかしながらウナギは大好物という・・・。ごめんねウナ吉。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

一致

いいお天気です。
この週末はお花見日和でしょうか。
(桜咲きましたね~~♪)
「どこかお花見に出かけるんですか?」
(ワイン1本とフランスパンをもって桜の下で・・・理想のお花見なのですけどね。現実的には散歩しながら近所の桜で十分楽しめるものですから、いまだにワインを片手にってやれていません。)
「ほんとにね。桜と地名につく場所が多いからどっちに行ってもお花が多いからね~~♪それで十分満喫できるわよね。」
皆さんと意見が一致します。


これは2日前の桜ですが、今宵はもっともっと咲いてくれていることでしょう。
さてどっちのコースを選択しましょうか。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

チャレンジャー

先日の雪には驚きましたが、本日は暖かくなりました。
〇さま、30代女性。
”お仕事はモデルさんですか?”と聞きたくなる衝動を抑えるのに必死だったのを思い出します。
気付きましたらご縁が出来て半年を過ぎていました。
初診時の訴えは2,3か月のうちにかなりグレードが下がったご様子。
「気にせず日常をおくれています。」とのお話で、その後もメンテナンスの鍼灸を続けてくださっています。
回を重ねるごとに「実はこんなことも困っているんです」的なお話がポツリポツリとお出になるように。
女性同士ですので、異性には相談しにくいだろうなと思われる事も自然と話してくださるようになるようです。
(初めていらっしゃるときには、随分勇気が要りましたでしょ?)との問いに
「そうなんですよね。この駅周辺もご多分に洩れず鍼灸やほかの業種が沢山あるので、どこがいいものかと随分悩みましたぁ・・。」
自分が探す立場だったら・・・悩むだろうなあ・・。業界を知る分、面識のないところには行けない気がするわ。
(どなたかのご紹介だと安心感が違うでしょうけど。その意味では本当に勇気がありますね!)
「うふふ、チャレンジャーですかねワタシ。でも来てよかったです!)
そういってもらえて、良かったです。
最寄りの駅が朝の通勤時激混み、だそうで。年々ギュウギュウぶりは上がっているらしいです。
(朝というか、田都が空いている時間帯はあるんでしょうか?車内の毎朝の混み具合がもうしんどくて。もはやヒトでなくモノ扱いですね・・・。)華奢な〇さまが言っておられた言葉が印象的でした。
通勤のつらさを知らずに過ごせていて、なんだかごめんなさいの気分です。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ハートを射られ

やっと日差しが出てきました。

広島へ旅行に行かれていた〇さまがお戻りになって。
牡蠣づくしのお料理とお宿に大感激なさった話をお聞きして。
あいにくそのような高級食材は私のようなものには味がわからず、同調できなかったので申し訳ございません・・・でして。ホント、あいすみません。
そして、こ~~んな素敵なお土産を頂戴しました!


こんなに美味しいきんつばは初めてです。餡子がもうどう言っていいんだか!(銀つばって書いてますがきんつばですよね。)
これには悶絶寸前でございます。これでまた頑張れます♡

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ