東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

鍼灸でフォロー

右肩関節前面の痛みと右臀部が初診時の訴えだった○さま。
本日おみえの際には
「肩の痛かったところが、随分いいです。おしりのところもいい感じで痛いのが薄らいできました。ですけどね、今日は両方の腰の脇の方が痛いんです。うつっちゃったんでしょうか。それから同じように肩から下に下がって、二の腕のところが痛いんです。」
うつりはしないでしょう・・・・と、付近を探ってみました。
○さまのお話も続いてお聞きしながら。わかりました原因が。
区の畑が今年は当選したそうで、いそいそとお出かけになっているそうです。
「一日行かないとキュウリはお化けサイズになりますから。普段はしないようなことをやってますものね、確かに。」
(ですからいつもとお身体のご様子が違うのでしょうね。)
「しちゃあ、いけなかったでしょうか。」
(いえいえ。なさって大丈夫ですよ。楽しくていらっしゃるでしょうし、怖々生活なさるよりずっといいと思います。多少のお疲れは鍼灸でフォローさせていただきますから。)
区の畑・・・やはり人気がありますね。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

おみやげ

20140628

○さまが、そっと置いて行ってくださったまつぼっくり。
こういうの、うれしいです。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

これは普段も

ご年齢には見えない○さま。

先月の終わりに「腰が痛くて・・・・。」
区内ですが少し離れたところから、ご家族に送迎してもらってのご来院でした。
鍼は初めて受けられるそうでとても緊張なさって、しかし何とかして欲しい・・・そんな心中がご表情にとてもよく表れておりました。
先日4回目の鍼灸治療を終えられました。
「もうすっかり元通りの生活が出来ています。」
(ではひとまず今回の治療は終わりにいたしましょう。)
「はい!腰はよくなりましたが、また少ししたら伺おうと思います。鍼をした後は血の巡りがよくなった感じがよくわかります。これは普段もやっていたらいいだろうなあって、してもらっている間ずっと考えていました。」
(そうですね。今回のように辛くて動けなくなってしまわれる前の、”ちょっと疲れたな”というあたりにいらしてもらうとよいと思いますよ。鍼灸で脳の血流も改善されますので、ますます若々しくお過ごしになれると思います。)
初めてご来院のときから、お痛みがあるのに終始笑顔でおられた○さま。
またおひとり、人生の先輩として目標にできる方が増えました。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

変わらないわ~~

6/13の通信に書いた、”膝のお痛み”でいらしている○さま。
本日4回目のご来院でした。
前回まで「変わらないわ~~。」としか口を出なかったのですが、この度初めて
「膝が痛くて夜に熟睡できなかったのだけど、前回鍼をした後からその辛さが無くなったわ。膝の脇がももの外側からズ~~ンと痛かった感じが抜けました。膝だと思っていたけど、やっぱり腰の方からだったのかしらね。」
実はこの方、肝心の箇所に思ったような鍼が出来ません。
狙った箇所にある程度の刺鍼をしたいのですが、その箇所を○さまの身体が嫌う感じです。
ですから私としてはやや遠回しの治療をしているのですが、やっと変わってきてくれたようです。
変化がないと通うのが苦痛になりかねません。
もう少し、頑張らせてください・・・・。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

帯状疱疹の後の

今日も陽が差したり、雨が降ったり。
一日落ち着かないお天気です。

少し前にも書きましたが、帯状疱疹後の後遺症で悩んでおられた○さま。
5回目のあたりで、まず初めの頃に強く訴えておられた痛みが消え、痛みどめから離れられたことを書きました。
9回目のご来院になる今日は
「痛みが去ったあと、しびれのような何とも嫌な感じが胸にあったのですが、そのしびれが最近とてもいいです。」
背中の、色で言ったら赤い発疹の痕が、今日あたりはかなり着色が薄らいで薄い茶色になっていました。
「見た目はともかく、痛みが取れたら・・・。」
こういう声が多いですが、実際に痛さが無くなってくるともちろんお肌の見た目が気になってくるものだと思います。
(このあたりのお肌の色が、いいですねぇ~~。)
「あらそおお?自分じゃ見えませんからねえ。」
そう言って笑われる○さまですが、綺麗になられた背中をぜひぜひお確かめいただきたいと思います。
まだまだ、痕が綺麗になって行くことでしょう。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

クマと聞くと

こちらのニュース。男の子、無事でよかったです。柴犬、えらいっ!

クマと聞くと、いつも思い出すことがあります。
私の郷里にある鳥海山。富士山に負けない美しさだと思っていて、その思いは離れてから一段と強くなっています。
その鳥海山にこの時期タケノコを採りに出かけるのが、我が家の恒例行事でした。採ったタケノコをその場で鍋にして、みんなで囲みました。その美味しかったこと!

20140624a

昼食を済ませて大人たちは再び入っていきます、竹やぶの中に。
でも子供ですからね私、飽きちゃいます。
「もう行かね。」
タケノコ採りに目の色を変えている大人たち、そんなワガママな私は当然のごとく放っておかれ。
しばしその辺で遊んでも、またすぐに飽きちゃいます。ひとりだし。
そして笹を揺らす風。これが恐怖心をあおるのです。
一緒に行けばよかった・・・。クマ??
泣きたい気持ちを懸命にこらえて、車の中で家族を待ちました。
今でも笹を揺らす風の音に、あの時の心細さがよみがえります。
袋や籠を一杯にして満足げに竹やぶから出てきた大人たち。
負けん気だけは強かった私、平気を装ったこともしっかり記憶にあります。

20140624b

親戚のお兄ちゃんと写っている帰路途中の滝。クマに襲われる妄想からすっかり解き放たれて、何とも幸せそうであります。
”地震より、雷より、風が実は怖いんです。”よく言うのですが。ここにあったのかもしれません、そのワケが。
それにしても昭和の、何とも平和な日常だったものだと・・・・。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

・・ちゃん

おみえになって、かれこれ1年半の○さまからお電話をいただきました。
「知人を紹介したいのです。いつだったら入れますか?」
(この日のこの時間はいかがでしょうか。)
「はい、では伺います。初めには一緒に行きますね。」
(ありがとうございます。ではおみえになる方のお名前を教えてください。)
「・・・・・・◎ちゃん!」
(?!)
「幼馴染なのよ~~。姓は思い出せない。名前の、下の方だけしかわからない~~。ともかく、◎ちゃんです!!」
かくしていらしてくださいました、お揃いで。
お互いを下のお名前を”ちゃん”と呼びあうご関係が、もう60年も続いていらっしゃるのだとか。
ご幼少の頃からの大事なご友人をご紹介いただけたということは、大変うれしくそして身の引き締まる思いでございます。
初めての鍼灸体験を、やや緊張されたご様子で受けられました。
鍼灸との、良い出会いになって欲しいものだと思います。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

行ってよ、そこ。

パン教室に通っていらっしゃる○さまから頂戴しました。

20140621
家族に、「行ってよ、そこ。」と言われました。
いつもパン焼き機で焼きっぱのものしか出さないからねぇ。。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ
1 / 4123...最後 »