東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

結果オーライ

青空が広がっている。
雨の合間のお日様は、格別ウレシイ。20130531.JPG
裏に回っていただかずとも、表になった鍼灸院の入口。
デッキと階段をつけてあります。
手すりで覆うはずだったデッキまわり。哀しい理由でつけられなかったのだけど
庭の緑が目に飛び込んでくるこの感じに、”結果オーライ!”。
風と光と緑と。
イイ感じです。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

忘れ物と落し物

 こちらで施術を受けていただいて、帰り支度をしていただく。
ポヮ~~ンと気持ちも身体も緩むからでしょうか。
脱衣カゴに残された忘れ物に、あとで気付いて”ああ~~”となることがしばしば。
時計に本やペン、万歩計をお忘れの方もいらっしゃいました。
しっかり保管させていただきますが、皆さまお忘れ物なさいませんように。

先日、病気療養中の恩師を、仲間と見舞わせていただいた。
その帰路、未知の地域で夕飯をとったのだが。
全くの野生の勘ってもので、入ったお店が、大正解だった。
最後のデザートだけ、チラ見していただこう。

20130530a.JPG20130530b.JPG

書きたかったのは、ここの素晴らしいお料理のことでなくて。
お店の前に、これまた運命的にあったパーキングに停めよう!とバックモニターに目をやる。
映った銀色のボール状のモノ。
(ねえねえ、あれどう見てもおにぎりみたいなんだけど。このまま入れたら、潰しちゃう××。この車で潰したくない~~。)
しょうがないなあと、一人が降りて確かめてくれた。「だけど、まさかおにぎりなわけないでしょ!」って言いながら。ところが、
「ホントにおにぎりみたいっ!」
「マンガだね。おむすびころりん。」
「車に乗っておにぎりを頬張るのを楽しみにしてただろうに。落胆しただろうねえ。」
あのホイルの中のおにぎりは、忘れものじゃなくて落し物でしょうが
おかかでしょうか。それともシャケかしら・・・。

美味しかったお店のお味が飛ぶくらい、気になってマス。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

行ってらっしゃいませ

梅雨っぽい空になってきました。
下がり気味になりそうな気持を、上げていきたいものです。

さて○さま、70代。
郷里に行くことになったとおっしゃっていて、
「出発の前にきたわ。むこうでのスケジュールもキチキチだから、動けるようにお願いね。」
(はい。)
○さま、いつも以上にシャリーン。さすが。
「田舎の兄弟も齢だから、体調もあまりよくないのよ。お見舞いをしてお墓参りをして、お友達にも会ってこなくっちゃ!」
(ハードですね。ご郷里にはいつぶりですか?)
「何年前になるかしら、前に帰ったのは。みんな齢をとっちゃってるから、いつも最後だと思っているわよ。あなたはマメに帰っている?」
(なかなか・・・・。)
「親が生きているうちは、無理してでも行ってあげなさい!”あの時行っておけばよかった”って後悔するようなことがないようにね。」
○さまの言葉が、反芻している・・・・。

この時間だと、もうお出になられましたね。
気を付けて行ってらっしゃいませ。
お戻りお待ちしています~~。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

この時期

やはり久しぶりにご予約をいただいた○さま。
「頸が、動かなくなりました・・・・。」
お子様の運動会を挟んでおられたので、
(運動会お疲れになったでしょう・・・。お弁当ももちろんだし、一日立ちっぱなしもかなりつらいですよね。)
ましてや○さま、まだ小さい赤ちゃんを抱っこしながらのご観覧だったそう。
(それは本当にお疲れ様でした。
小学校の運動会はうちもお世話になりましたが、帰宅して寝込んだ記憶がありますよ××。そうそう、運動会のこの時期にギックリ腰に苦しんでいた知人も。)
○さまと、そんな話をしていた。
そのすぐ後、鳴ったんですよね電話が。
なんとまさにその御本人!
(時期だし、ギックリ?・・・。)不安な気持ちのままお聞きしていたら「NO!」  ホッ。
「なんとも調子が悪いのよ~~。嗚呼駄目だ~って愚痴っていたら
主人が”早く大場さんのとこ行っとけよ~~”って言ってくれたから。
オオゴトになる前に、来たわ。」
ご主人ナ~イス!
                      恐るべし、運動会。
早目で、ヨカッタです。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

崩したいのに

昨日は月一の勉強会に。
定休は日曜を頂戴しているが、このところ日曜日の行き先が多いもので。
”出るまでに済ませたいこと”に、朝から取り掛かるも。
やれどもやれどもその山は、崩れてくれない××。
家の用事って、多いものです。

先日久しぶりにおみえになった、○さま。
さすがに入口大丈夫でしょう?   と、思っていたけど。
やはり、○さまの足は迷うことなく以前の道順に。あわてて呼び止める。
(こっちからどうぞ~~)に、
「え?え?え~~!」
まだ、裏に回られる方が、いらっしゃるとは!
「裏のインパクトが強すぎたから、迷うことなく足を進めるのです。脇目も振らないので、目に入らないのですね。」
インパクト・・・ですか。入り口裏に!も、なかなか崩れないのね。

家事の山と、裏のインパクト。
そろそろ崩したいのですけど。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

二輪目

二輪目が、咲いた。
先に咲いた花も、あせることなく。
やはり、すごいなあ…蘭。20130525.JPG

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ドンだった私

20130524.JPG
今週末は運動会花盛りの模様。
日差しの中、低学年のかわいらしい小学生たちが仕上げの練習を頑張っていた。

自分が小さかったころは、運動会ほど嫌いなものはなかった。
かけっこ苦手だったなあ。
見かけだけは、できそうだったらしいが・・・半端ない、鈍ちゃんだった。。
毎回ガッカリしていた家族の顔が浮かぶ。
父にいたっては、自分が駆け出しそうだったっけ。
それなのに今では、毎年こんなものを目にするだけでウルウルと。

赤も白も、がんばれ~~。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

昨日の、嗚呼~~

夕刻になっても、明るさがのびてきている。
明るいうちの散策は珍しいのだけど、昨日はやむなく出た。
途中で○さまと会い、立ち話をしていたのだが
背部に感じる気配・・・。
○さまが、「インコよね?」
振り向いた先のミモザの樹にとまり、種を食しているらしいミドリの鳥・・・・。
ひゃあ~~本物のインコだぁ・・・・。ワタシ、鳥類、何より苦手×××。
1羽や2羽なんてかわいいもんじゃ、なかった。  いや、1羽でも、コワイです。。
目視できただけでも5羽は、確認。
○さまも「ゾゾ~~ッとする~~」とおっしゃっていた。よかった、同じで。
”都内でペットなどで飼われていたインコが逃げ出し、野生化している”ことが問題視されていると聞いたことはあったのだが。
ハトにさえもたじろぐこの私が、あんなに近くでインコの集団を目撃するとは・・・・。
東京のカラスは激減したというのに・・・・。
嗚呼~~~。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ
1 / 4123...最後 »