東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

嘘つきにならないように

今月になってからおみえの○さま。
先日帰りがけに
「あの~~気になっていたんですが・・・・。」
(はい、なんでしょうか。)
「HPの写真は、いつ頃のものですか?」
(え?・・・・すみません。3,4年前でしょうか。ウソつきって言われちゃいますね。)
「初めて伺った時に、別のところに来ちゃったかと思ってしまいました。」
そんなにでしょうか。。
しかし、確かにちゃんと年月を経た現実をお出ししなきゃいけないですね・・・・。
Kさん、写真も張り替えですね・・・。
来春は、忙しくなりそうです。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

価格破壊

「看板に”マッサージ”とも記されていますが、鍼と灸だけではないんですか?」
こんなふうに聞かれたことも多い。
「鍼やお灸でなくて、マッサージだけをお願いしたい。」
こうおっしゃって来院する方も、少数派だけどいらっしゃる。
基本的に鍼灸に抵抗がある方には、無理に施術をしない。

先日おみえの○さま。
「マッサージをして欲しい。」と初めてご来院。
うちにいらした経緯をお聞きしたら
「職場の近くに気軽に受けられるマッサージ屋さんがあって、数回行きました。なんといっても魅力は価格でした。あの辺りは価格競争が激しいのです。ほぐしてもらおうと、凝りを感じる状態で。しかし、なぜか行く度に、辛くなるんです。なので、値段で選んではいけないと思いました。」
こんな趣旨のお話をされていた。
○さまからお聞きした価格、にわかには信じられなかったが。
注意して街の看板をみていると、ありますあります。
価格破壊が、ここまできているとは。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

朝ニ思フ

日の出が随分と遅くなり、寒さも増してきている最近の朝。
寝起きの悪さは、自信あります。
毎朝目覚ましが鳴ってから、
あとちょっと・・・・お願いあと少しだけ・・・・
ごそごそと往生際の悪さがいっぱいのワタシ。
そんな朝、いつも思うのが母の事。
北の故郷はここよりずっと寒いんだよね・・・。それにもっと早く起きてるよね・・・。
そんな母の姿が浮かび、起床。やれやれ。

「寒くなったけど、風邪ひいてないかぃ?お前はいっつもこれくらいの時期になると風邪ひいてたから。身体に気を付けてな。」
電話で身体を気遣ってくれる母。
こちらが幾つになっても、あちらはどれだけ老いても、
ずっと、親。   心配してくれる存在が、ありがたい。
すっと起きられるといいなあと、思う朝。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ベストジーニスト!

先日、聞き覚えのあるお声の電話を受けて。
「ご無沙汰してます。昨日から腰が痛くて・・・・。」
そしてご来院いただいた○さま。
ちょうど1年ぶりですね。初診の日付は2004年。
(最近は頭痛、おきていませんか?)
「ええ、頭痛の方は最近感じていません。」
よかったです。○さまは、ウチのベストジーニスト!
今回の腰の痛み、(数日経っての様子で、次回の予約は決めるということでいかがでしょう。)
帰られてからのしてほしくない動きや、負担のかからない姿勢のお話をさせていただく。

季節の変わり目、懐かしい方のご来院が続いていて。
そしてそこに、ちょっとした歴史を感じている。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

恒例に。

先週末、腰が痛いと鍼灸を受けに来てくれた女子高生。
その母君、ご自身の予約を取ってご来院。
(○ちゃん、腰大丈夫でしたか?)
「ありがとう。大丈夫だったわ。
でさあ本人、”ああ~~なんだか頭がすっきりした~~。”だって。
今って試験中なんだけど、”腰もそうだけど頭の爽快感がイイ!試験前の鍼、恒例にしちゃおっかなあ。”
なんていうのよ・・・・。まったくぅ。」
ふふふ。じゃあ、今回の試験結果がたのしみですね。
お母さん、渋い顔しないで試験前の鍼灸、受けさせてやってください!

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

忘年会

冷え込んできた。
治療室も暖房が必要になっている。
いろんなことがあるけど着実に時は刻まれていく。

「前回はちょっと空いちゃったから、腰がこわくなったんだよね。だからなんとか来なきゃって思って。今回はまずまず!」
昨日は友人が来院。
近いうちに一緒に旅行しようと話していたけど、このまま年を越しちゃいそうだよね・・・××。
よし!
忘年会を、やろう!!強行に!
そんなわけで、楽しみな計画がたった。
ワタシのように腰の重たい人間には絶対必要ね、こんな友人。
これで張り切って仕事ができるってもの。

寒くなってきたけど、熱く参りたい!

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

おもいきりよく

20121023.JPG台所のリフォームにあたって、不要なものを捨てる努力をしたのだが。
何度も手に取ったものの、捨てきれなかったもの。
夢中だった頃には感じ得なかった感情も愉しんで、また奥にしまいこんだ。

思い切りよくできることと、できないこと。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

女子高生

先週末。最後の方が帰られて、片付けをしていたら
「これから、入れない?」なが~~いお付き合いの○さんから。
急を要するようだし、なんとかお受けできるし・・・と、到着を待つこと10分ほど。
入るなり○さん「え・・・?オーバさんどうしたの~~?なんで?オンナになってる~~!」
(ぷ。いちおね、これまでも性別はオンナですけどね。。)
「だって~~。こんなオーバさん、初めて見たもん~~。しばらく会ってなかったらこんなことに。」
期待通りのリアクション、ありがとう。

で、急を要していたのは○さんのお嬢さん。
幼稚園の頃から知っているけど、わお!大人になってるっ!
体育の時間に痛めたらしい腰。
花の女子高生ということで、鍼灸の刺激も制限ありそうね・・・と様子を見ながら手を進める。
意外に、平気である。
「でしょ?この子は根性あるからね。」と、母。
チビッ子の頃から知っているお子たちが、こんなふうに顔を見せてくれるってうれしい。
「ワタシも、しばらく受けてないけど身体しんどいのよ。今度はワタシが来るわ。」そう言った○さんと、にこやかに手を振って帰った娘さんが眩しかった。
みんな、大人になっていく~~。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ
1 / 4123...最後 »