東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

嬉しい悲鳴

な~んだか暑かった昨日、Tさまご来院。
(あれ・・2ヶ月も開いちゃってましたか・・)
「疲れが限界で、来たくて来たくて・・・。通勤で毎日ここの前を通っているのに寄れなくて。やっと僅かの時間がとれたので。」
(この感じだと、しんどかったでしょうね・・・。何はともあれ、いらっしゃれてよかったです。)
・・・・・・・・
(そうでした、Tさま!奥さんのご出産ってそろそろじゃないですか?)
「そうなんです。もういつ産まれてきてもいい状態です。そしたらまた、忙しくなると思って。」
嬉しい悲鳴といったところでしょうか。
あと少しで会えますね。
今度みえるときには、パパになっておられるんでしょうね。
Tさまの奥様!ガンバレ!
               ウチのイトコもあと少し。  ガンバレ!

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

インフルエンザによる閉鎖

インフルエンザが猛威をふるっている。
インフルエンザによって休校や学年・学級閉鎖の措置がとられた小中高校や保育所、幼稚園が18~24日の1週間で13964施設にも上ったと厚生労働省の発表。
お子さんがいらっしゃる方との会話も
(いかがですか、学校は。)
「本人発症してないけど学年閉鎖や学校閉鎖。今月はなんだかんだでほとんど学校に行ってないんじゃないかな・・・」
(なかなか、落ち着きませんね)
「ボクは仕事で居ないけど、妻は気が立ってますね・・・・。一日が長いと言ってますよ。」
どこも一緒ですね~~
いたずらに恐れるのでなく、手洗い・うがいなどを徹底して
そしてやはり、疲れをためずにまいりたいものですね。
日中は暖かくなりますが、朝晩は冷えています。温かくして休みましょう

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ユメ

これって・・・・?と思うようなことがあったりする。
夢でみた情景がひろがること。これまでにあった夢の再現は半年後だったりひと月後だったりしたのだが、つい先日みた夢はなんと。
「来られなかったのよ・・・。ちょっと旅行に行っていたものだから」
はっきりそうおっしゃったSさま。  ←ワタシの夢の中。
で、Sさまの夢をみたなあ、夕べ。。。。と思っていたら、Sさまからご予約の電話。
いらっしゃったSさまがおっしゃったのは、同じセリフでした・・・・。
予知夢・・・・?
いえいえ、そんな能力なんかじゃなくて
(Sさま最近いらしてないなあ・・・ご旅行かな・・)
こんなワタシの思いが、そんな夢をみせたのでしょう。
さて、今夜はどなたが登場してくれますやら。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

悲哀の父

お年頃の娘さんを持つお父様はツライなあ・・・・・
お父さんの後のお風呂は嫌!」迷わず栓を抜くらしい・・・
洗濯物はお父さんのとは一緒に洗わないで!」だったら自分で洗えば?娘よ。
お父さんの触れた受話器に直接触れない・・・ティッシュを1枚かけてとる受話器。
どうやら、こんな嘘のような話も現実のようで。
愛する家族のために電車に揺られて、お昼はワンコインランチ。仕事が終わり立ち食い飲み屋さんで僅かな息抜き。おっと、終電過ぎちゃったよ・・・でもタクシーなんてとんでもない。迷わず深夜バスで帰宅。
どれも実際耳にした話です。
世のお父様の悲哀に、涙がでそう。
お嬢さんたち、せめて上記のような行動はお父さんにわからないように・・・・・。
できればほんのちょっと、優しくしてあげてほしいなあと、やっぱりひとりごとのツルシンだった。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

刺激のさじ加減

☆さま、50代女性。
「背中の張りが、もう随分前からあって不快。肩の凝り感と胃の不快感もある。」
これまでの検査で異状はなし。鍼灸院にもかかっていたが、通院が難しくなった。
鍼灸の経験がある方でも、術者が違うと思いがけない反応が出ることがある。
☆さまの初回の治療は極弱めに行う。
2回目の来院時。「大きな変化はなかった。ただ、胃の重たい感じはあるものの、不快感が横にならずとも居られた。」・・・との訴えを受けて、刺激に変化をつけた鍼灸を。
そして先日3回目のご来院。「治療後にだるさがでたが、その後スッキリ。胃の不快感と重たさはあるが、以前からすると良い。」
「変化がない・・・」と感じられても、そこから刺激のさじ加減をしていきます。
鍼灸治療が初めての方も、これまでいろんな治療院を歩かれた方も、5回・・・せめて3回はお身体の変化をみさせていただきたい、そんなふうに思う。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

この季節

外は冷たい雨。
ここにきてぐっと冷え込んできた。
先日、触れていた◎さまが「ぁ・・・センセイ。この季節になりましたね。」◎さま、もうながいのでこのセリフ。
申し訳ありません×××。
これくらいの時期になると手指がなかなか温まりません。
お湯にあててさらに温風で温めるも、なかなか。
日に幾度も幾度も洗うため、荒れますし。
手の冷たさは、治療家としての致命傷とまで言われます。
◎さま「いやいや、このヒヤッと感は嫌いじゃないですよ」
ウチにみえる方はお優しい方が多いです・・・
その意味では苦手な季節に突入ですが、お部屋もココロもあったかくして10月ラストウイークのスタートです。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

カイくん

Image196.jpg

昨日届いた宅配便。箱を見たら、”お父さん~~?”家人が帰るのを待ちきれず開いた箱から出てきたのは、やっぱり白戸家のお父さんデス。ぐわっ!なんてラブリィしかも、しゃべります~~。機種変更の際のプレゼントらしい。CM好感度No1という北海道犬カイくん。近頃ペットに癒されたい・・・と思っていたワタシのところに絶妙のタイミングで舞い降りてくれた。抱き心地も、もうサイコーです。しばらくは、散歩のいらないカイくんを抱っこしていようと思う。
 

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

本当の贅沢

お料理上手なオーラを発しているKさま。
コンビニのお弁当の傷み具合などを話していた流れから、食は大事よね~~と。
切り身の魚が泳いでいる・・・なんて思われないために、あらをよく買ってくるんですよ。
金目鯛の頭なんてあったら、連れて帰らないわけにはまいりません。
カマの部分とか本当に美味しいですよね~~
マグロの血合いの部分なんかも、しょうがで漬け込んで唐揚にすると美味しいし。
と、こんな会話に続いたKさまのお宅でのアジの干物のお話。
「身を食べ終わった頭や骨、ウチでは冷凍しておくのです。お味噌汁のおだしにすると、もう~~しあわせ~~」
これは、是非真似させていただきます。
本当の贅沢って、実は身近にあるんじゃないだろうか。

 
東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ
1 / 4123...最後 »