東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

違いアリ

60代男性、〇さま。
初診は昨年のちょうど今頃。
”右肩の重苦しさ”が主訴でした。
”ツラくなった際に右肩前面の筋肉をつまむように圧をかけると少し楽になる”とご本人曰く。
その月は2回鍼灸をさせてもらいました。
その後はしばらく空き、また今年に入ってからご来院。
同じ主訴です。
「1,2月と月に1回やってもらっているからだろうか。前は気付くと手が辛い側をギューッと揉んでいたのだけど、最近は日常で肩の重苦しさを感じていないことに気付き。定期的に鍼灸をしていると違うものなんだね。」
感想を聞かせてくださいました。
ご本人的には”肩が・・・”だったのですが、頸からのアプローチをしています。
ご定年の時期が延びています。
「ゴールがどんどん遠くなっているよ・・」と嘆く声も多く聞きますが、
「可能な限りは社会の中に居たい」というお声も増えています。
生涯現役を目指す方も、早めのリタイヤで第二の人生をスタートさせる方も。
どんな選択をなさっても、輝ける60代70代80代・・・を過ごされるお手伝いが出来るとしたら、それは施術者にとっても大きな幸せだなあと感じています。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA