東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

3年経ち

快晴。キリッと寒いですが日差しに救われる思いです。

「年末にギックリ腰になりました。動けず、寝正月になりました。動けるようになりましたが鍼灸を受けたいです。3年前に一度伺ってます。」
〇さま40代女性。
カルテを出してお待ちしておりました。
(3年前いらした時には頸から腰、足と広範囲がツラいとおっしゃってのご来院でした。あの後の変化はいかがだったですか?)
「う~~ん、可もなく不可もなく・・・な感じだったでしょうか。でも今日は施術を受けたいなと思って来ました。」
3年前、シャキ~ンとした好転は無かったようですね。
まあしかし可もなく不可もなくということで。
この道に入ってまだ浅い頃、
”患者さんがいらした時よりも悪くして帰さないこと。これ大事なことだよ”
先輩の言葉が印象に残っています。初めの頃というものは、とかく気負ってやり過ぎてしまうことも多く。
”過ぎたるは及ばざるが如し”・・・鍼を持つ際に心がけております。
〇さまの初診のその後をお聞きして、やや沈む気持ちもございましたが。悪化させることなくお戻りいただけたということで。
3年も経ちましたのに再びご来院いただいたということは、それなりにということで。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA