東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

3月

暖かい日差しが心地よいです。
〇さま女性。初めてのご来院は5年前の、やはり3月
当初の主訴は”カラダのあちらこちらにむくみを感じます。疲れてくると腰痛が出ます。”初めていらしたときには20代でした。
「久しぶりです~~」
本当ですね、昨年の9月が最後だったようです。
「最近、冬季は快調なのです。と言いますか、冬季は忙しくて倒れるわけにはいかないので気力だけで持っている感ありますが・・・。そしてその冬が終わってこの時期に待っていたように崩れるのです・・・。」
再来なさる時期は、仰るようにこの月が多い様です。
「今回はめまいを感じます。眼の周りがゴワゴワッとした感じがします。頭周りの不快な感じが先週から出ています。」
いつの間にか30代になられていた〇さま、完全休日はお取りになっていないようです。
「動いていたいんですよね、ワタシ。時間が出来ると何か入れたくなっちゃうんです。」
いろんな箇所の、不具合が生じているツボに鍼を置いていきます。
仕上げにほぐしながら(この辺りは随分緩みましたね。)
「凝って・・・いたんですね・・・。」ご本人、自覚はなかった模様。
お帰りになる時のお顔が、変わるんですよね。
ムクミが改善されるためと思われ、キュッと締まって見えます。
定期的にいらっしゃるのが難しい方、お若い方では多いです。それでもちょっといつもより疲れが抜けなかったり睡眠の質が悪かったりする時、”鍼灸院あったなあ、行っとこ!”こんなノリで十分かと思われますので思い出していただけたらと。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA