東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

一緒//

年が明け、年末年始のいろんな行事から解き放たれた方たちがご来院なさいます。
〇さま、50代女性。
「何をしたわけでもないのだけど・・・。」
(でもご実家参りはなさったんでしょう?)
「そうね。それも双方の。みんな歳をとってきているから、それぞれが楽に過ごせるように工夫しているんだけど・・・。」
帰省なさった方のお話は何軒もお聞きしていますが、どこの方たちも同じようなことをおっしゃいます。
”やっぱり此処が我が家になっているから、いくら実家とはいえ落ち着かないのよね。”
”相手の家も歳を重ねて、義両親も頑張れなくなっている。”
”子が緩衝材になっていたけど、みんな大人になっちゃったから空気が微妙で。”
”実家も実家じゃなくなっていて。コーヒーを飲みたくてもどこに何があるかわからず。お湯もわかせない。”
”老いた両親を見るのが、ツライ。”
・・・などなど。どこも一緒ですね。
終えられた〇さま、
「なんだか肩に張りついていた重いものをおろした感じです。今日来てよかったぁ。あっちもっちも軽くなりました。」
(よかったです。鍼初めでしたね。)
「あ、オーバさん!ワタシ黒いものを沢山落としていきますので、掃除しといてくださいね~~~♪」
黒いもの・・ってsmiley
一緒に大口あけて笑いました。
ヨメもムスメも、ずっと前のヨメも。
皆さんこの度の年末年始も、お疲れさまでした~~!
 

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA