東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

キロク

成人してからも、数回している転居。
単身の時には少ないと言っても、それなりに少しずつ荷物は増えます。
毎回転居の度に開けないまま更に新しい転居先に連れて行く段ボール箱があったのですが。
10年以上前でしょうか、思い切って処分したその段ボール箱の中身。
うら若き頃の日記や、その頃は当たり前だった手紙の束。
”ある日自分が、予期せぬ出来事で自分の荷物を触れなくなることが来るかもしれない・・・”そんな”もしも”を考えたらどうしようもなく不安になり、処分の決意をしたのでした。
あれはあれで大正解だったなあと思います、我ながら。
思い出なんてものはぜ~んぶ自分の頭の中や胸の中に置けばいいのよ!・・・って。
で、最近ほんのちょっと前のことを順を追って振り返る機会がありまして。
こうなりますと自分の記憶なんてものはいかに曖昧だったのかということを、感じるんですね。
日記とまではいかなくとも、ちょっとしたメモ・記録がいかに大事かをジワジワと感じているわけでございます。
思い切りよく捨てた紙類は仕方ない諦めるとしましても、
今後は大事なものはにだけでなくてどこかにキロクしていこうと。
そんなことを考えた長月でございました。嗚呼すっかり秋です。

 

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA