東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

親類縁者

夜には雨になるそうです。

今週末からは大型連休が控えておるようで、お休みに帰省なさる方も多いのではないかと思います。
親族の中で年少組だった頃には感じなかったような感情が、ふと甦ることがありまして。
昭和の時代の田舎では、親類縁者が顔をそろえる折には旅館の大広間さながらに布団が並べられ皆で枕を並べたものでした。あれだけの人数で迎えた朝の賑やかさは、もう半世紀近くにも前になるのでしょうか。
大人になり、親族の子や孫の成長を目の当たりにして”昭和ってよかったなあ・・・”そんなことを思っています。
最近会話した近い親類縁者から聞いたやり取りが、ヒジョウにイケていたので記しておきたいと思います。
「かーさん。俺、グレたらどうする?」と、在りし日の子。
”ボケてやる!”返した母の言葉に、
「グレらんねぇ・・・・。」
その子も、もう立派な社会人らしいです。
親類縁者の成長ぶりに、自分の歳を実感させられます。
そして、あんな昭和な時間はやはり段々と遠くなっているのだなあ・・・・と。
たまに会う親族の容姿やしぐさに、同じ血が流れているらしいことをみて、妙に嬉しくなってしまいました。

 

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA