東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

人聞きの悪い

「今日は、腰が痛いのcrying。」
いつの間にか50代になられていた○さま。女性。
かれこれ3年になるお付き合いです。
「動いて痛いというわけではなくて、触られると、痛い。」
(左の、この辺りです?)撫でるように持っていった私の手掌が触れたら、
「ひゃーー、痛い。」
皮膚の表面を丹念にみましたが、異常はないようです。
「今日もね、しょうがなくて来たのよ。来たくなかったけど。」
(いらっしゃりたくなかったんです?)マジですか?かるく凹み。
「だってぇ・・・。仕方ないんだもん。痛いからぁ。」
(嫌々いらしてくださっているんですか、そうですかそうですか。)
「だって、鍼コワいんだもん。そう言っても、優しくしてはくれないわよね。
”嫌だけど、行かなきゃ”って言ってたら、家族が”俺は行かないっ”って。」
(私はですか。そんな人聞きの悪いことを・・・・)
これはブログネタにさせてもらいますからねと言いながら、手をすすめました。昨日のことです。
今朝、○さまからメールをいただきました。
「腰、さわっても痛くなくなりました!スゴイ!ありがとうございました。やっぱりコワくても、これからもよろしくおねがいします(笑)。」
まだ、コワイって言われてますぅ。
せめてご家族の誤解は、解いておいてください・・・・。

 

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA