東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

耳をすまして

雨は止んでおりますが、やや肌寒いようです。

「肩の凝りが強くなってきて。」
○さま今年になって初めてのご来院です。
(昨年の暮れ以来でした。)
「え~~っ!そんなに空いちゃってましたかっ?」
(でも、これくらいの状態で思い出していただいたので、良かったのではないですか?アブナイ季節ですから。)
「そうなんです。今頃でしたもんね。あの状態がまだしっかり脳裏に焼き付いているので、この度も”早めに鍼行っとこ”って。」
ちょうど2年前の5月でしたね、頭痛と吐き気があってその後に腕のしびれとめまいがでてしまったのは。
検査の結果、心配された血管のつまりなどはなく安堵したのでした。
ひと月ほどで症状がおさまりましたが、お仕事が多忙で無理をなさるとアブナイ感じになるのだそうで。
ご自身でも身体からの信号をキャッチできるようになられたようで、そんなときは早めに予約のお電話がございます。
カルテをみると昨年もGW明けにいらしていますから、若葉が芽吹く新緑のこの時期は○さまにとっての要注意期間なのですね。
苦手な季節を自覚なさっている方もなさっていない方も、身体からの声に耳をすませる余裕はもちたいものですね。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA