東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

苦戦するとき

「2か月ほど前から脚が痛くなった。初めの頃からしたらよいのだけど、まだスムーズな歩行ができない。病院にも行ってみたが、大きな変化がない。」
70代前半の女性○さま。
左膝後外側面の痛みが主訴で来院くださったのが6月初め。1回/週の頻度で施術をさせていただきました。
「変化がない」
「良い時もあるがそうでもない時もある」
そのような会話を繰り返しながら、ちょうど3か月経った頃でしょうか。
当初の「ここ!ここがやっぱり痛いのよね。」と言っておられた箇所を指で指し示すことがなくなりました。
長くかかって痛めたものや、症状が出てから時間が経っているようなケースのもの。
思い返して手こずった感があるケースでも、3か月ほどの時間を頂戴すると変わられてきたなあ・・・という印象を持てるようになることが多いです。
血液中の赤血球の寿命は、およそ120日と言われています。
こちらも苦戦しながら相対するようなときには、この数字を思い浮かべるようにしています。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA