東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

苦笑い

弦巻鍼灸院での施術には、流れがあります。
もちろんおひとりおひとりによって選ぶツボの違いや、刺激の強弱といったものはありますが。
基本的には鍼とお灸、そしてあん摩マッサージを織り交ぜたもので仕上げます。
大抵の方は、ほんわか温まるお灸と身体をもみほぐされる仕上げのあたりで”意識が遠くに・・・”そんなご感想をお持ちのようです。
辛い症状があった○さま。50代男性。
ご縁があって弦巻鍼灸院に通ってくださっておりますが、随分日が経ってから
「私は、マッサージが大の苦手です。触られるのが、キライなのです。」こう、おっしゃいます。
(そうでしたか。毎回仕上げの時になると、どうも呼吸がみだれる傾向にあるなあと思っておりましたが・・・。そういうことですか、触られるのが、ダメ!なレベルなのですね。)
「でも治療だと思って、耐えているのです。辛さが気にならなくなってきましたし、耐えた結果なのかと。」
鍼に耐えている方は他にもいらっしゃいますが、触られるのが、ダメ・・・ですか。はあ。触ってごめんなさい・・・と言う感じ。
苦笑いがこぼれます、ワタシ。
しかしまあ、結果オーライっていうところでしょうか。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA