東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

行きつ戻りつ

初めてご来院の○さま。30代女性。
肩の凝りは20代からある。
5~6年前から腰痛があるが、最近強くなってきた。
眼精疲労が最近辛い。
眼の周りがぴくつくことがある。
眠りが浅い。
食欲はふつう。
このような訴えをされて、今年になってからおみえになった。
鍼灸は初めての体験になるそうだ。
2回目にいらしたとき、
(あの後は如何でしたか?)
「これまで整体やエステに行っていたのですが、そこでは感じなかった”違い”を身体が感じられたような気がします。頸の周りが特に楽になりました。」
3回目になったご来院時には、
「腰もよいかなあ~~と思っていましたが、若干また戻った気もします。」

全部が良い曲線で軽快になっていくものばかりでなく、
こんなふうに行きつ戻りつなさりながら経過をたどる方も多いです。
気温や気圧、それにその方にかかるストレスなど、
取り巻く状況はいつも変化し続けます。
小さな浮き沈みで、効いた!駄目だ!と決めてしまわずに、
長い期間で崩された体調ですと、なおのこと長い目をもってご自身を見つめることも必要なことなのかもしれません。
○さまの健康回復の、お手伝いができたら・・・・と、思います。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA