東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

勉強になりました。

外は風が強い模様。
皆さま足元お気をつけて。

施術の最後に、置き鍼をすることがある。
ツボを持続的に刺激する目的で、患者さまの方も
「大事にします・・・。」こう喜んでいただくことが多いのだが。
先日初めておみえの○さま。
腰から足にかけてのしびれ・痛みが強かったので
(鍼を留めておきますね。かゆみが出たらそのまま剥がしていただいて結構です。)
○さまの表情がやや硬かったので
(そのまま皮膚の中に入ってしまうようなことはないですから、ご安心ください。)
こう、付け加えたのだが。
(あの後、いかがでしたか?)後日おみえになった○さまにお聞きしたら
鍼が置きっぱなしになっていることが、とにかく気になって。」
説明をして、ご理解いただいたと思っていたのだけど
そこにあることが、ダメ!な方もいらっしゃるのだと
勉強になりました。
即座に剥がした後に、「あ~~。やれやれ。」大きくため息をつかれた○さま。
そして今回はもちろん置きませんでした。
心なしか、足取りが軽やか???

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA