東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

沢山のウレシイ

   良く晴れた昨日、恒例の鍼灸祭に参加した。20130519b.JPG
祭礼の前には並木の中を通り、特別に開放される神農廟を拝観させていただく。
毎年ここで感じる力が、何よりウレシイ。
落雷で焼けたというこの樹の再生力に、今年も感激して。
20130519a.JPG
# 鍼灸を創成した先達への祭礼、鍼灸関係故者の慰霊
# 鍼と艾(もぐさ)への感謝
# 鍼灸の啓蒙普及
# 各学派・流派の学術講演
これらの目的での開催される、この会であるが。    私個人としては
”学派、流派を超えたもの”であることが、大きな意義を持つと思っている。
なので、この会でしかお目にかからない先生も沢山おられて。
「1年ぶりですね。」
「また、来年!」
年に一度だけのコンニチハ!だけど、妙にウレシイ。。
                  だから、ウレシイのかも・・・?

祭礼と講演会の会場になった湯島聖堂講堂。
こちらに入らせていただくことも、実は毎回の愉しみ。
素敵な天井にも、また来年!20130519c.JPG

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. tsurushin より:

    この銀杏の木は、想像をはるか越えたものでした!
    間先生からの情報を↓。
    http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2007-09-12
    思い出して、再びシビレテおります。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA