東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

逆子(さかご)

胎児の位置異常。一般に正常位といわれて、自然分娩に適しているのが頭位
これに対して、骨盤が下向しているものが骨盤位。いわゆる逆子のこと。
骨盤位は、妊娠中期には全妊婦の約半数を占めるといわれているらしいが、妊娠末期・分娩時には全分娩の約3~4%になるとされる。
原因は諸説あるが、不明なものも多いとされている。
「逆子がお灸で治ると聞きました」そうおっしゃって来院される妊婦さんも、みえる。
28週位までだと90%が正常位に改善されるとされているが、34週以降だと改善率が50%に下がる。
32週でみえた〇さま。ここでの施術と、ご自宅でのお灸をしてもらうことに。
暑いさなかだったが、冷えに気をつけていただくように話した。
33週の検診で「正常位に戻った」が、
ご本人曰く「ちょっと出先でクーラーが寒いと感じたのです。そしたら、また頭が上になってしまったそうで。でも、また、正常位になってくれました。37週です。」
現在はその日にむけて、安産になるようにと、お手伝いさせていただいている。
ご自宅での安産のお灸も、随分お上手になられました。
「また、来週、来れると思います。」そういって帰られた〇さま、もう少しですね。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA