東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

血圧が低い

昨日は、海のそばでの鍼灸治療日。
朝、一番雨が強い時間に移動した。高速、本当にコワカッタ・・・。
もちろんスピードは控え目に走っていても、大きなトラックなどが掛けていく滝のような水しぶきに、一瞬視界ゼロ。手に汗握って到着したワタシに
「凄かったでしょ、雨。初めて、迎えに行ってあげたくなったよ。」Lさん目が笑ってますょ。
(はい、すごかった・・・。あんなにすごい雨の中走ったのは、初めて・・・)
「こっちにくるとき、天気が悪いこと多いよね?ニヤリ。」 雨オンナは、だれじゃ??
雨に動揺したワタシ、ちょっと道をはずれたお陰でチラッと海をみることができた。
しょーなん、しょーなん!  Lさま、昨日もお世話になりました。

さて、女性に多い低血圧について。
最高血圧が100mmHg以下の場合をさす。
特に原因になる病気がないのに、いつも血圧が低いものを本態性低血圧という。
重症の心臓病や胃腸疾患で栄養不良になったとき、内分泌の異常、けがで大出血した時など、原因になる病気の一症状としておこるものを二次性低血圧という。
立ち上がった時などに急に血圧が低下するものを起立性低血圧という。これも、症候性と本態性がある。
本態性の起立性低血圧症は、器質的な疾患がなく自律神経失調とくに末梢血管運動神経失調のために循環調節障害を起こす状態で、
その症状としては、顔色不良、食欲不振、頭痛、疲れやすさや乗り物酔い、ほかにも下肢痛、睡眠障害などを伴うこともある。

鍼灸を希望する方は、いわゆる不定愁訴症候群が多いとされていて、その一部に低血圧の方が存在している。
不定愁訴に対して鍼灸が適応することが多いという意味で、本態性低血圧症は鍼灸の適応症ともいえるが、血圧そのものをあげることは難しいことが多いとされている。
そうはいっても抱える訴えが減って、生活の質が上がるようであれば、数値としての血圧がやや低めであったとしてもよいのではないだろうか。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. lily_garden より:

    誰が雨女やら???とにかく、首を長くしてお待ちしてましたよ。
    お疲れさまでした。お陰で今日の天気同様、スッキリと朝を迎えました。
    治療を受ける面々がわが家で寛いでいるというかサロン化している状況って、田舎の個人病院の待合室みたいだなぁとふと思ったりして。

  2. tsurushin より:

    lily_gardenさま>
    田舎の個人病院の待合室ですか~~?
    華のある方ばかりなので、ハイソなデパートの駐車場のようです。
    お綺麗なマダム達が、ますます綺麗な顔色で帰られていく様子を拝見して、私もウレシイです。
    ご子息に、5段階評価の″3”をもらったので、ソレもウレシイ。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA