東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

お通じの  まとめ

便秘と同じくお通じの不快、下痢について。

下痢という現象は、腸管で食物や水を消化吸収する過程になんらかの障害が起こり、腸内容が速やかに通過するため水分の吸収が十分に行なわれない場合、または腸粘膜から過剰の液体分泌が行なわれた場合など、結果的に含水量の多い便が速やかに排出される状態をいう。
一般に排便回数も多い。1日1回の排便でも液状の排便をみれば下痢という。
大腸に起因することが多く、一般に小腸で消化吸収の不十分な内容が大腸に送られても大腸の機能が正常であれば下痢を起こしてくることは少ないとされる。

下痢にも急性と慢性があり、いずれも器質性と機能性に分けられる。器質性は、食物中毒から癌の一症例として現れるものまであるが、機能性には、精神的要因によるものまである。

便秘と下痢 どんな症状がでるか
便秘では、腹部膨満感、腹痛、頭痛、食欲不振、全身倦怠感などがでる。
下痢は、原因によって水様便になったり泥状便になったりするが、激しい腹痛を伴うことが多い。食欲不振や全身倦怠感も起こりがち。脱水症状、栄養障害なども起こしやすい。

器質性の便秘や下痢については、原因の治療が必要になる。
便秘では、急に便秘になったとか、慢性的な便秘とはどこか違う異和感があるときは検査も必要になる。
下痢では、粘液や血液の含まれた便が出たときや、食べ物など、思い当たるふしがないとき、生活に気をつけても改善しないでしつこく続く時などは、要注意

便秘・下痢解消のポイント
病気の兆候としての便秘・下痢でない場合、日常生活で気をつけることとして
・食事を規則正しくとる
食物繊維の多い食品をとる
・運動不足改善のために、からだを動かす
 特に腹筋を強化して腸の働きをよくする
・排便の習慣をつける
 行きたくなったときに、我慢しない
ストレス解消など、精神的な要因を除く努力

そんなに難しいものの羅列ではないようにみえるが、現代では意識していかないと厳しくなってきているのかもしれません。
そしてもちろん鍼灸の出番。鍼灸の刺激が自律神経に働きかけて、本来の働きを取り戻すお手伝いができます。
心地よいお通じが、そのまま心地よい毎日につながっていきそうです。お通じが改善されると、お肌の調子も上向きになりますし。
高級な化粧品に走る前に、お通じを見直していただけたら。
元気なお肌いいお通じ作られるといっても過言ではないはずです。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. たぬき より:

    毎晩ビールを飲む私はいつも下痢気味です。
    いけないことはわかっているのですが、こればかりはどうも・・・。
    患者さんには「飲んではいけない」なんてとても言えません。
    あーあ・・・。
    治療家失格ですね。

  2. tsurushin より:

    たぬきさま>
    おはようございます。
    たぬきさまは、ほかのことで十分な養生をされておられるので、大丈夫だとおもいます、はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA