東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

看板

「ここはよく通っていますが、ここに鍼灸院があることは知りませんでした。」
ご家族がネットで検索して見つけてくださったとおっしゃる、〇さまが初めてのご来院。
その翌週、〇さまから教えてもらってと、☆さまがご来院。
☆さまが話してくださった、〇さまとの会話。
〇さま「あそこに鍼灸院があるから行ってみたら?私行ってきたわ。」
☆さま「ああ、そこならよく通っているから知っているけど、随分年配の人がやっているんじゃないの?」
〇さま「そうでもないのよ」
☆さま「だって、あの看板・・・随分古くからあるんじゃない?」
なるほど。看板って、まさに顔なのですね。
道行く方々がそれぞれにイメージを膨らませて、今日もウチの渋めの看板をみてくださっているのかしら。
土曜の朝、いつも以上にお散歩している方を多く拝見する。愛犬をひく方やゆっくり散策されるご夫婦や。あそこに渋めの看板の鍼灸院があったっけねえ・・・と、頭の片隅に記憶していただけたら、幸せに思う。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. lily_garden より:

    重厚な作りゆえに看板だけのイメージだと、白いひげを生やした仙人のようなおじいさんが出てきそうな雰囲気ありますね。
    実際の先生は・・・またそのギャップが患者さんにはいいのかも。

  2. tsurushin より:

    lily_gardenさま>
    「受付の方ですか?」言われた経験数回アリ。
    さすがに最近ではそんなことを言われることもなくなりましたが。
    皆さんの想像を、いい意味で裏切ることができるようでありたいなあ・・・なんて思ってみたり。

  3. たぬき より:

    私の開業は27歳の時でしたから受付に間違えられたことは数しれずありました。
    今はおじいさんになったからそんなことはありませんが・・・。
    あーあ、昔に戻りたい!!

  4. tsurushin より:

    たぬきさま>
    看板に負けない年輪を、重ねていけるようでありたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA