東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

笹餅


Image325.jpg
以前、豆もちを送ってくれた従姉妹の姉ちゃん。
「笹巻き食べれる?送ってあげるね。」前日に電話を貰っていたのでウキウキで待っていた。
餅好きにはたまりません・・・。
竹の若葉の出るこの時期にしか作れないもの。竹の葉には殺菌効果もあるので保存食だったのだろう。
それにしても、芸術だなあ・・・と。故郷で暮らすお姉ちゃん、器用に何でも出来ちゃう。
こういうものはずっと受け継がれてきているのだろうが、果たして次の時代まで継承できるのだろうか。
(教えてもらいに、本気で行こうかな.GWあたりじゃ早い?)というワタシに
「ああ、まだその頃は笹が小さいね。そうだ、福島あたりで青い大きな笹の葉採ってからくるかい?」茶目っ気もあって明るい姉ちゃん。
「きな粉には砂糖沢山入れて食べなよ!」  秋田の人はお砂糖の量が、多い・・・。
はい。本当に美味しくいただきました。K姉ちゃん、ありがとう!
  ↓とってもわかりやすいレポートを見つけたので貼っておきます。
http://www.burat.jp/members/writerblog/entry_disp.200703280118-5000029.200704152312-5000120.200706280105-5000068

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. lily_garden より:

    美味しそう。知ってるだけにグッときます。
    もち好きのわが家、時々炊飯器で餅米を炊いてはきな粉やらあんこやらで食べてます。
    見たら食べたくなっちゃった〜。

  2. tsurushin より:

    lily_gardenさま>
    おおっ!やはり餅好きでいらっしゃいましたか!
    ほんっとに、たまらんでした。
    炊飯器でもち米を炊いてつぶして、「へらつぎ餅」ウチでもしょっちゅうやってます~~。
    陶芸と笹巻き・・・習得しに行きたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA