東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

生活の質を

昨年の9月に神経根症状を訴えて来院したSさま。腰椎MRI検査においてL4/5,L5/S1 における椎間板ヘルニアと診断された。
VAS(visual analogue scale)視覚アナログ尺度:(痛みを0~10としてどれくらいの苦痛があるかを示すもの) において,10や8・・・を指しておられたが、頑張って間をあけずに鍼灸治療を行った。
来院から1週間。「朝は痛いが日中5くらいになった」
来院から25日目。「3・・・くらいですね」この頃には腰椎に負担のかからないメニューで、休んでいたジムにも行かれ始めた。
来院から5,6週目になると「日常の生活には問題ありません。2といったところでしょうか」
この頃にはサーフィンを再開なさっていた。
数値に表すことで、指標になる。
寒さと多忙が続き「またちょっとシビレが出てきました・・・・」
こんなふうにおっしゃって師走にみえた。
年が明けて年末年始いかがでしたか?と訊ねると
「サーフィンに行き、翌日その次とゴルフを。さすがに、調子悪いです×××」連日ですね。
う~ん・・・。寒さは堪えると思いますよ・・・。けど、足を引きずっていた頃を思えば、これだけアクティブに動けるって、ねえ・・・・!。頷きあった。
長い期間の安静は筋力低下を招きます。状況をみながらではありますが、苦痛を取り除き、したいことが出来る、質を低下させない生活をサポートできる、そんなお手伝いができるようであれたらいいなあと思う。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. たぬき より:

    私の坐骨神経痛もすっかり完治してゴルフに行けるようになりました。
    明日も行きますが、雨の予報です。
    寒さで再発しないように万全の準備で行ってきます。

  2. tsurushin より:

    たぬきさま>
    一時はどうなることかと心配いたしましたが
    さすが不死身のたぬきさま。
    あいにくの空模様ですが、お昼の麦酒は控え目になさって、無事にご帰還されますように。

  3. 訓和堂 より:

    種々の症状により、治療間隔は非常に重要ですね。薬などは1日3回服用することもあるわけですから。
    昨日の治療、よかたよ~。生きてることが楽になりました。また宜しく。

  4. tsurushin より:

    訓和堂さま>
    こちらこそ、いつもありがとうございます。
    治療間隔も含めて、鍼灸治療を納得して受けていただくような努力をしていかないといけないんでしょうね。
    こんなにいい方法なんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA