東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

千両

Image091119.jpg
千両の実が赤くなった。
幾分今年は早めかなと思っていたが
昨日今日と、
東京も気温がぐんと下がっているので
例年のように、嗚呼この季節なのね・・・と実感している。
千両といえばお正月のお飾り
そんなわけで、千両が色づいてくると
年の瀬に向けて忙しさが増すように感じる。
今年も残るは40日・・・・・。
いい年になったか、しみじみ振り返る前に
済ませなきゃいけないことが山積みデス。
千両が鳥にやられることなく
お正月までもってくれることを願いつつ
日々を大事に生きていかなきゃなと。
 

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. おいら より:

    可憐、恵まれた才能、富貴、財産、裕福、利益
    が、花言葉でした
    万両と一緒に植えたりするそうですねえ
    徳のある人、寿ぎ(ことほぎ)、陰徳、金満家、財産、慶祝が万両の花言葉
    ピラカンサスもそうですが、花というよりはむしろ「実」ですなあ
    似ているけれど花言葉は「燃ゆる想い」
    実の数にいたっては億両という勢いなのにねえ
    でも有難さでいったら、赤い実よりむしろ赤パンツですやっぱり
    世界の3大赤色といえば、
    イタリアのフェラーリ
    オランダのチューリップ
    そして巣鴨のマルジですよ
    なおかつイタリアとオランダが国名であるのに対して、
    巣鴨だけが日本のローカルな地名であるところにその重要さがありますぞ

  2. tsurushin より:

    おいらさま>
    >イタリアのフェラーリ 
        オランダのチューリップ 
               巣鴨のマルジ
    ふと思い出したのが 赤のポルシェ。
    男の子に生まれたかったなあと憂えいていたコドモ時代。
    可愛らしいお人形さんをお土産にしてくれる親戚の心遣いに、ため息をついていたワタシ。そんななか、真っ赤なポルシェのラジコンカーを、兄貴じゃなくてワタシに!とくれた伯父。
    天にも昇る想いだったなあと・・・。赤で思い出しました。
    そして貫禄溢れる四十路になった今、男の子でなく生まれて良かったなあと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA