東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

レキシ

今月には遠くにいってしまわれるTさま。
カルテを見直すと、ちょうど2年前の9月から通ってくださっていた。
半年前から右肩が挙がらない。痛みで夜もよく眠れない。」これが来院時の主訴。
肩関節外転:80度未満
肩関節屈曲:70度程度 いずれも自動、他動ともに可動制限ある。
頚部の動きによって肩・腕への症状の憎悪が認められるも、手指症状は陰性。
胸郭出口部での神経血管圧迫障害が推測されるテストも陽性を示している。
”いわゆる五十肩”様にみえるものでも、このように複合的な症状を表している場合が多いようだ。
年が明けた1月には運動制限が解消されたと記載されている。
細かいことが大好きなTさま。痛みで休んでいた人形つくり、3月のお雛様の製作には間に合った。
その後も月に2度程度、メンテナンスに通ってくださっていた。ああ・・・歴史だなあ・・・。
さみしいので、さよならはいいませんよ)という私に
娘がもうひとり!と思っているからね。何かあったらメールちょうだいね。」
感涙
昨日、Tさまの最後の治療を終えた。しばらく、厚くなったカルテを放せなかった。
新しい地で、幸多からんことを願う。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA