東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ミョウガ

Image171.jpg広くはない我が家の庭に根を張るミョウガの葉。
今年も豊作豊作。
ミョウガを食べると物忘れがひどくなる・・・なんていう俗説があるけれど、薬味でいただくミョウガも、浅漬けにしたミョウガも、”オトナの味”って感じで
この時期の愉しみである。

我が家の周辺にいる蚊が、これまた強烈で。
水をまきに出るにも長袖・長ズボン。
今朝はちょいと油断してしまって、腕が出ていたのだけどミョウガがボコボコ顔をだしていたので、ついつい本格的に採り出したものだから、ヤラレまくった、蚊に・・・・・。
敵も必死!

茗荷
冥加(知らず知らずのうちに神仏の加護をこうむること。)に通じる縁起のよい食材ともされる。
多少蚊にやられたくらいで泣き言はいわずに
美味しく頂戴するとしよう。
 

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. たぬき より:

    苦手なもの→茗荷なんです。
    こればかりは食べられません。

  2. tsurushin より:

    たぬきさま>
    早くからのコメントありがとうございます。
    そして驚きです。たぬきさまの弱点、発見っ!苦手なものがあったのですね。ニヤニヤ・・

  3. おいら より:

    おいらの苦手なものはふぐの毒と放射能と茗荷っす
    うちの家紋は茗荷なんですけれどねえ
    あのネギと思わせておいてそこはかとなくにじみ出てくる独特の妙な苦味のような味、、、
    ネギ喰わせろと言いたいっす!

  4. tsurushin より:

    おいらさま>
    朝から抱腹で、仮面ライダーの腹直筋になっています。。。
    たぬきさまにおいらさま。そこまで師弟関係結ばなくとも。
    クセがあるって”憎らしいけど、愛すべきもの”にはならないでしょか。(ヒトもキョーレツなキャラは敵も多いけど愛されキャラだったりしますよね。)←誰のことかしら。

  5. おいら より:

    喰わず嫌いに関して言えば、たぬき様はおいらの非ではないっす!
    漢方に関しては日本で指折りの専門家であるのに本格中華料理が嫌いで食べられないですので、薬膳なんてとてもじゃないけれど食べられないですきっと
    でもおいらが見てきた中では、好き嫌いがあって嫌いなものを食べない人の方が才能を伸ばしていますっす
    野球の落合はものすごい偏食だったそうですが、あれまでになれましたっす
    もっとも結婚なさって奥様が食事を管理するようになってますます力が出てきたようですが
    これについては食物アレルギーとの関係など山ほど書きたいことがありますが、やめておきますっす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA