東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

可愛いお連れさま

「産後3ヶ月で、こどもを連れて行っても大丈夫でしょうか・・?」
そして来院されたママと赤ちゃん。
ちょうど空いていたのでベビーカーごと入ってもらう。
かわいいいい~~~~~っ!
このサイズ・・オバチャン、たまりましぇん   でも、仕事仕事・・・・。

さて、首から背中にかけてのコリ感と、片側の股関節部に痛みを訴えているママ。
いくらかわいいサイズで、軽めで・・・とは言っても、赤ちゃんのお世話は身体のあちらこちらにでちゃいますね。
首から背中の凝りには周辺の筋肉へのアプローチで対応するとして。
股関節部の痛みのほうは、その関節部の異状はなさそうで。みていくと腰部への鍼灸刺激が適していると判断。模型を使って説明させていただいてから施術を始める。
(あれれ。赤ちゃんがいる割には睡眠とれているようですね)
「そうなんです。6時間くらいしっかり寝てくれて」
それはすごい・・・・・。
そうこうしている間にベビーカーの姫さま。ちょいとぐずっていたけど、そのうちにスースー・・・
なんて親孝行な姫さまですこと!

今どきのベビーカーって優れものなのね~~~A型なのに軽~~いっ!
べビィの身体に優しい枕やクッションも装備されていて。
(子育ての時期、早まったかな)などとくだらないことを考えてしまった。。。
姫さま、お目覚めでもご機嫌で。オバチャンに微笑んでくれた。もぉ・・トケソウデス・・・

小さいお子様がいらしても、できる限り対応しますので、ご予約時にお話ください。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. おいら より:

    ツルシン先生は小さいお子様だけでなく、おいらのような大きいお友達にもそれなりに対応してくださいます
    イツモアリガトウゴザイマス、、、

  2. tsurushin より:

    おいらさま>
    いつもクスッとできるコメントありがとうございます。
    実は最近、弦巻鍼灸院に来院される方の間で”おいらさま”が注目されていて。このところ数人に聞かれました。
    「コメントのやり取りがなんとも読んでいておもしろい。おいらさまってどんな方?」
    何とお答えしているか、の詮索はしないでおいていただいて。
    “おいらさま”がツルシンにみえる患者様の間でブレィクしていることを、お耳に入れさせていただきました。
    今後も期待にこたえるコメントを、ヨロシクオネガイシマスデス。

  3. たぬき より:

    子供はかわいいですね。
    このあいだやっと人見知りをしなくなった孫を<高い、高い>とやったら際限なくもせがまれてしまいました。
    翌日腕や肩が痛くなってしまいましたが、うれしい痛さです。

  4. tsurushin より:

    たぬきさま>
    「うれしい痛さ」・・・・なんともほんわかとした幸せコメントに、”オジイチャマの顔”を想像してみました。
    腕や肩が痛くなったって、大好きな透熱灸がありますものね。

  5. たぬき より:

    こらこら・・・。
    >大好きな透熱灸
    灸師なのにあまり好きではないですね。
    柔肌に跡はつけたくない・・・なんちゃって。

  6. おいら より:

    おっ
    これはこれは
    面白がって下さってありがとう存じます
    おいらの文言はなかなか理解してくださる方がいないのですが、面白がってくださる方は皆間違いなくインのテリ、すなわちインテリなお方であると、おいらは勝手に思っております
    たとえば大学時代、英語のスピーチをやったとき、「隣のお父さんが死んだ話」というのをやったんですが、50人近くいる部屋で笑ってくれたのはたった一人だけでしたが、その方は結構食い込んで笑ってくださっていたんですが、頭でっかちでない頭の良い方でした
    それ以外のほとんどの方は何が面白いのかわからないようですが、そういう方は人生もったいないなあと思います
    となりのお父さんが死んだ話はここに書くと後で職員室に呼ばれてしまうので残念ながら割愛させていただきますっす
    ちょっとはじけ気味に書きましたが、ツルシン先生に迷惑がかからないように、これからも抑えて書かせていただきますっす

  7. tsurushin より:

    おいらさま>
    思う存分はじけてくださって結構です。
    今後ともツルシンをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA