東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

夏バテを食から

Image151.jpg

蔓のカーテンを!との思いで植えた朝顔。
上に上にと伸びて2階のベランダにまで到達。
元気だなあ~~
そろそろ食欲が落ちて”夏バテ気味”の方もちらりほらり。
ノドごしがいいからついつい・・・と、お素麺やおそばにうどん・・・そんな麺類ばかりの食事になっていたりしないだろうか。夏バテ予防に効果があるとされるのはビタミンB1だそうで。
麺類などの糖質が、体内でエネルギーに変わるのを助けてくれる栄養素である。
これを多く含む食品が豚肉焼き豚は冷やし中華に入れてもいいし、豚しゃぶなんかはニンニクを効かせてポン酢でいただいたらサイコー!
ビタミンB1は他にうなぎ、カツオ、玄米にも多く含まれる。
ヒジキなどの海草類にも豊富なのだそうだ。
夏バテ予防の基本はやはり三食しっかり食べることだろう。暑いのでキッチンに立つ時間も短めにしたいからささっと要領よく済ませたいですね。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

Comment

  1. おいら より:

    最近豚の話題のさいには来ずにはいられないところがあるおいらです
    前々かr思っていたんですが、にんにく灸をしてビタミンBを摂るとすごくよいのではないかなあと思っていますよ
    というのはこれをやればビタミンBの効果が長く強く持続するはずだからなんです
    ここに来た方でにんにく灸を知らない方もいるので一応説明しますと、3mmくらいの厚さスライスしたにんにくの上に、2cmぐらいの高さのピラミッド状のもぐさをおいて火をともすやり方です
    にんにくにはアリシンというニオイの元になるような成分が含まれていて、これとビタミンB1が結びつくと「アリチアミン」という成分になります
    アリチアミンが入っているのが有名な「アリナミン」ですね
    ビタミンBは身体に入れても結構すぐに尿から排泄されてしまうんですが、アリチアミンの形になると長いこと体の中にとどまって、ビタミンB1の効果が長続きします
    じゃ一緒に食べればいいと思うかもしれませんが、小腸から吸収された栄養は肝臓に行くんですが、肝臓はフィルターなので栄養を半減させてしまうんです簡単に言うと
    経皮といって皮膚から直接吸収すると、効率よく吸収されるんです
    血液の中にあるビタミンB1と反応してアリチアミンになって、それで糖質をいつもより多く燃やしてくれるというわけです
    これはダイエットにもいいかもしれませんねえ
    おいらもでんぷん質が筋肉質になるかも知れないからやってみようまいかと急に思いましたっす!

  2. tsurushin より:

    おいらさま>
    「血液の中にあるビタミンB1と反応してアリチアミンになって、それで糖質をいつもより多く燃やしてくれるというわけです
    これはダイエットにもいいかもしれませんねえ」・・・・
    ワタシは”ダイエット”についつい反応してしまいますが
    たいして食欲も落ちず、いつもにもまして調子が上向きでいるワタクシは、多目のニンニク灸をすれどもダメかもしれませんね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA