東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

口紅

たまに乗る電車で、見るでもなく視界に入ってくるいろんな光景。
妊婦さん。最近は一見して判る、いわゆるマタニティ服装の方が減った。でも、すぐに席を譲ってもらっていた。子どもを抱っこしているママも、これまたすぐに青年が席を譲っていた。まだまだ日本もすてたものじゃないな・・・・・。
次に目に入ったのは座席でお化粧をしているひと。やはり、こういう光景は美しくないなあ。

さて、口紅を塗るのはどこから?
欧米では上唇から塗るのが普通だが、日本人は下唇から塗る女性が多いのだとか。日本で下唇が先になるのは江戸時代の化粧法の影響らしい。江戸時代には、多くの女性は口紅を下唇しか塗らなかったそうで。歌舞伎の女形も下唇にしか塗っていない・・・・。(その方が艶っぽいのかなあ)
戦後、上唇を塗るようになっても下唇から先に塗るのが作法になったのだそうだ。その作法が今も受け継がれているということか。
上唇から描くワタシはヤマトナデシコとは縁遠いみたいです。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA