東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

養生鍼灸

痛みやつらい症状を抱えて来院された方に対して、我々は”治そう”などど思ってはいけないと感じている。様々な症状がでてくるが、我々のしている行為はあくまでも自らが治ろうとする力を鼓舞させることであって、治そうなどというのは思い上がりではないだろうか。
同業のT氏は、患者様が帰られるときに「お大事に」とは言わないらしい。(そういう意味では患者様という表現も適切ではないかもしれない・・・)
健康なときに来院して欲しいから、「じゃあね、またね」っていうノリらしい。
寝違いや急性腰痛で来院された方には、やっぱり「お大事に」だろうけど、
養生鍼灸”でいらしている方にはワタシも「またお待ちしていますね!」の感じでいこうかな。
養生としての鍼灸を、沢山の人に受けて欲しいなあといつも思っている。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA