東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

数値化

先月、数年ぶりにご来院の〇さま。
「年末から左足の腿とふくらはぎの外側に痛みと痺れがある。重いものを持つと悪化する。温めると少し楽になる。」
週に一度の施術を3回。
「少しずつ良い。たまに横歩きすると痛みが出る。寝ていて向きを変えるにも大分楽になってきた。」
とのことだったので、1週空けて2週後に予約を入れていただく。
4回目のご来院時。
「今日は右も痛い・・・。」
背部の張りはまだ残っている。足の冷たさも相変わらず氷の様。
歩行の様子もススッと足が運ばない感じ。
(辛さを0から10で表すとしましたら、どのあたりでしょうか?)
口頭でお聞きしたら 随分迷われてから
「7でしょうか・・・。」成績が、良いとは言えない・・・。
この日も取穴はほぼ変えなかったが、刺鍼が苦手な様子なので小さなお灸で対応。帰られる際の足の運びが良い。
同じく2週空けて5回目。
「腰の曲げ伸ばしで痛みは無い。両方のふくらはぎがちょっと重だるい感じはありますが、良くなっている気がします。」
VAS定規で指し示してもらう。→3を指していた。まずまず。
次回のお約束は4週後とした。
いつも思うが、ツラさを数値化するのはなかなか難しい。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA