東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

ヒラメいた

11月に入りました。TVでは落ち込んだり悲しくなったりするものが続いているので、なるべく目をやらないようにしています。

定期的にいらしている〇さま、女性。
いつも当日「今日空いてますか?」の電話でご来院になることがほとんど。
先日もいつもの様に当日予約の電話がありましたが、ご来院の時間帯が違っていて。(このお時間、珍しいですね。)
「腰が痛くて・・・。」
靴を脱ぐ際の動きがそういえば変でした。
しかしこの〇さま、運動器疾患で通院している方でなく。
ご縁ができてから5年になっていましたが、どこかが痛いという訴えはこれまでありませんでした。これもすごいなあ。
「湿布を貼っていれば大丈夫だったのですが今朝からツラくて。整形外科はお休みだったし、どうしようと参っていたのですが。”あ!ひょっとしてこの場合、鍼灸っていいのかも・・・”急にヒラメいて電話したんです。腰痛い時って、鍼いいんですよね??」
イイと思います。・・・しかし。腰痛で思い出していただく際、順位的にはもうちょっと先に浮かんでいいのではと思うのですが。
終えられて。
「さっきこの動作で痛かったけど。あ・・・ほんとださっきよりイイ。腰が痛い時、鍼ってやっぱりイイんですね。よかった、ヒラメいて。来てよかったんですね~こういう時も。」
〇さまが帰られてからも、このやり取りを思い出してしばらくクスクスしておりました。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA