東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

消失のあと

〇さま50代男性。
初めてのご来院は2015年夏。
主訴は左腿の痺れ。
ひと月前からの症状とのこと。
病院にて検査をするも”腰椎の変形があるでしょうか・・・。”
しかしご本人は「痛み止めの投薬が処方されたが、特に何もしてくれなかった。仕事に行く際服用しているが、辛さは変わらず。」
スポーツがお好きな方らしく、お身体は引き締まっています。
動きたいのだけど、この状態だと運動にも支障があるようで運動量がぐっと減ってしまっているらしい。
鍼と灸を用いての施術をさせていただく。
ちょうどひと月後に再来院。
(前回の後いかがでしたか?)まずは前回のその後を確認したく。
「ああ、あのあとね。よかったですよ。今は右に比べて少~し変な感じがあるだけ。」
第4と第5腰椎にあった圧痛も、消失しています。
その後も年に何度かメンテナンスにいらしてくださっています。
弦巻鍼灸院をはじめてご利用になる方は、腰痛や頸の痛み肩の痛みなど、どこかの痛みがあってという方がほとんどです。
そのお痛みが消えたのちに、養生の意味で鍼灸を続けてくださる場合が多いです。
そんなメンテナンス鍼灸が沁みて来ているようで、嬉しく思います。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA