東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

夏だからこそ

久しぶりの雨です。

〇さま30代女性。
「昨日の朝から右の頸が痛くて右側を向き難い。」とご来院。
〇さまは年に1~2回ツライ時におみえになります。
右肩上部にエレキバンの痕でしょうか、赤くただれた丸いものが数個残っています。
「今朝整形外科を受診しました。レントゲンを撮り、特に問題なしということで。しかし、動きがまるでとれず不便です。」
細身の女性で、頸の前部に凝りが強く出ることが多いです。この度もそうです。
施術を終えて。
「起き上がるのも右に向くのもさっきよりスムーズにデキます。よかったぁ!」
(冷えたのでしょうね。)
夏なのに、冷えですか?
夏だからこその冷えかと思います。普段から頸周辺が弱い方は冷房の当たり方ですとか、夏は十分注意が必要だと思います。ストールで巻くなどの習慣をつけてもらえるとよろしいかと。薄手でよいですから。)
冷えが原因と思われる急性腰痛も多いです。
”夏なのに”ではなくて”夏だからこそ”の対策を、怠らずにお過ごしください。

東京都世田谷区の鍼灸とマッサージ 弦巻鍼灸院 ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA